夏休みの留守番の昼ごはんおすすめメニュー!下準備で時短対策

夏休みの留守番の昼ごはんおすすめメニュー!下準備で時短対策夏休み
スポンサーリンク

子供たちには嬉しい夏休み。でも、お母さん達にとっては忙しくなりますよね。

特に、共働きの親にとっては一人で留守番をさせなければなりません。

普段から学童保育に行っている子どもには夏休みもお弁当を持たせればいいので

心配ありませんが、行っていない子どもは家で留守番ということになります。

留守番させるとなるといろいろ気になることがありますよね。その中でも、お昼ご飯を

どうしようかと悩むお母さんも多いかと思います。

 

親が仕事にお弁当を持っていく家庭であれば一人分多く作れば特に問題ありませんが、

そうでないところは毎朝何かお昼ごはんの準備をしてあげておかないと

お腹を空かせてしまいますね。でも朝は、何かと忙しくなりませんか。

毎回凝ったものを作ると出費もかさみますし、自分の準備もあるし、お昼ご飯を作る時間を費やせないこともあるでしょう。

ただお腹がすかないように、というだけではなく、できれば栄養のことも考えたいですよね。毎回カップラーメンとか、菓子パンでは、栄養面が心配です。

また、あたためや調理をどうするかということも考えておかなくてはいけません。

お金も時間もかけずに家にあるもので作れて子どもが喜ぶ簡単メニューがあれば・・・

 

かといって、毎日栄養のバランスを考えてメニューを決めるのも作るほうは大変ですよね。

しかし夏休みは長丁場なので、毎日バランスの良いメニューを用意しようとすると、作る側が疲れてしまいます。

上手に手抜きをしながら、子どもが一人でも喜んで食べてくれるお昼ご飯にしたいですね。

スポンサーリンク

夏休みの留守番で子供の昼ごはんにおすすめなメニューをご紹介

 

栄養のバランスを考えたメニューとして一番なのはやはりお弁当ではないでしょうか。

ご飯と肉や魚や野菜の何種類かのおかずをお弁当箱につめておいて置けば

そのまま食べられますね。また、温めて食べたいおかずがあるときには1種類ずつ

小さな容器やお皿に入れておけば個別に温められます。

 

私がよく作るのは「おにぎらず」です。おにぎらずなら、おかずをまとめてご飯の間に

はさんで海苔でまいてサランラップに包めばお皿も使いませんよね。

子供もお皿を洗わずにすむのでいいそうです(^^;)

具を変えれば、飽きないので2~3日はいけますよ。

 

お留守番ご飯の定番といえば炒飯(チャーハン)ではないでしょうか

(我が家はそうなんですが・・・)

これも、日替わりで具を変えてみたりします。他にも、ご飯ものだとオムライスや

どんぶり物(親子丼、牛丼、カツ丼、そぼろ丼など)、カレーライス、これ一つで

十分お腹は満たされるはずです。

 

しかし、炭水化物ばかりでちょっとと思うなら、

サラダやお味噌汁を付け加えるといいでしょう。

 

麺類もいいですね。

そうめん、焼きそば、うどん、そば、パスタ、ラーメンといろいろあります。

夏の定番の冷やし中華、そうめんは食欲がないときでも、のどごしよくツルッと

食べられるのではないでしょうか。

 

また、サンドイッチやハンバーガーもいいでしょう。コーンスープやパンプキン

スープ、じゃがいものスープなど即席のスープで野菜を取るのもいいですね。

 

しかし、これらを毎朝作るのも結構大変ですよね。そんな時には、市販のものを

活用してください。栄養面の事もお財布も気になるので、毎日それじゃ困りますが、

たまにはいいんです。作るほうもそうですが、食べるほうもたまにはカップラーメンが

食べたい・・・と思うじゃないですか。

 

それに、最近は栄養やカロリーを考えてあるおかずセットの冷凍食品やレトルト食品

も数多く販売されています。それらを上手く取り入れて、子供にも飽きがこないように

メニューを考えましょう。

夏休みの留守番の昼ごはん作りの注意点

 

お昼ご飯を作り置きしておけば、

お昼になって子供が電子レンジを使って温めればできあがり。

電子レンジでの温めなら、火を使わずに安全だと思いますよね。

 

しかし、火は使わないといっても、使い方を間違えると危険です。

発火して火事、という可能性もあります。

何歳から電子レンジを使わせるかは家庭によって様々だと思いますが、

使い方を理解して、正しく使えるよう教えてあげることが重要です。

 

温めるだけの電子レンジですが、アルミホイルや金属の器は使えないということ、

保存容器や弁当箱など電子レンジ使用可のものとそうでないものがあるということを

しっかり理解できてない場合は、大人がいない時に使うのは禁止とした方がいいでしょう。

 

他にも、木の器や耐熱ガラス以外のガラス容器、電子レンジには使えない

ラップなど、一つのものでも使えるものと使えないものがあるということをしっかり

理解させてくださいね。

 

小学校高学年から中学生ぐらいになったら、

これぐらいはできるようになってくるかと思います。

普段からいろいろ手伝わせて、

調理器具や調理家電の扱い方を教えておくといいですね。

 

レトルトのカレーや牛丼、中華丼などは

電子レンジであたためられるものもありますが、お湯であたためるものが多いですよね。

また、パスタやそうめん、お湯を注ぐだけのカップラーメンなどの乾麺をゆでるためには

ガス火・IHを使うことになります。

特にガス火の場合は火を使うことになりますので、

しっかりと理解させておくことが大切です。

 

また、茹でた麺をザルに移す時も、やけどしないように注意が必要です。

ピザトーストなどオーブントースターを使うときにも、焼けた後、熱くなった庫内から

取り出す必要があるので、やけどしないように気をつけるようにしないといけません。

 

また、気をつけたいのが暑さのための昼ごはんの保存です。

食中毒にならないように、お弁当など調理したものは

冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。

こちらでも、オススメメニューをご紹介しています↓

 

長い夏休み暇な小学生…留守番しながら昼ごはん作りにチャレンジさせるのも可?

 

料理に興味を持つ子供は、普段からお手伝いをしながら料理を覚えていくと思いますが、

そうでない子供は、なかなか台所に立つ機会も少ないのではないでしょうか。

長い夏休み、自立させるという意味でも昼ごはん作りにチャレンジさせて見るのも

いいと思います。ただ、座って料理が出るのを待つだけでなく、材料を切って調理し、

後片付けまでするということを勉強するのも大切だと思います。

 

そして、自分で作った料理を誰かに食べてもらって「美味しい!」と言われれば、

子供も自信を持つようになると思いますよ。

そうすれば、お母さん達にとってもちょっと楽になるかもですよね。

 

夏休みの留守番の昼ごはん:まとめ

 

夏休みは長いですし、お母さん・お父さん大変だと思います。

しかし、くれぐれも火などには気をつけるように

子供に言い聞かせて、いろいろ工夫してみてください。

こちらの関連記事もご覧ください↓

高校生の子供の夏休みの昼ごはん!レンチンレシピをご紹介!

 

 

コメント