夏祭りのデートで付き合ってない人と行く時は!コツや誘い方は?

夏祭りのデート!付き合っていない人と行く時のコツや誘い方は?お祭り
スポンサーリンク

夏には、様々な楽しいイベントがあります。お祭りに気の合う友達たちと一緒に行って、

屋台で食べ物を食べたり射的をしたりして楽しむ。それもいいでしょう。

しかし、夏祭りといえば彼女とのデートってイメージですよね。でも、その彼女はいない・・・

まだ片思いという人もいると思います。

実は、その思いを伝える絶好のチャンスが夏祭りなんです!!

片思いだからこそこういった楽しいイベントに一緒に行った方が、

ふたりの距離を縮められるのではないでしょうが。

学校で会うという日常以外の場所で、いつもと違う雰囲気が二人の距離をぐっと縮めてくれるかもしれません。

 

付き合っていないのに夏祭りに誘ったら余計に嫌われるかも?

なんて消極的にならずに、勇気を出して誘ってみてください。

季節のイベントはその時期だけのものだし、特にお祭りはその日だけのものですから、

相手が少しでも興味を持っていれば「いってみようかな?」という気持ちになりやすいんです。

花火が綺麗で有名」だとか「迫力があって楽しい」など、祭りのウリを出して誘えば、

より誘いにのってもらえる確率が上がりますよ。

誘いを断られなければ、あとはあなた次第!

さらに少しの思いやりと心がけで彼女の心を掴むことができるかもしれませんよ。

そのためには、まずデートプランをしっかりと立てておくことが大事ですね。

ここでは、付き合ってない人と夏祭りデートに行くときの誘い方や注意点、服装などについてご紹介します。

スポンサーリンク

夏祭りのデートで付き合っていない人の誘い方

 

まず、基本は夏休みまでにできるだけ仲良くなっておくことです。

メールやライン、または休み時間にたくさんおしゃべりして、

できるだけ仲良くなっておきましょう。

そして、夏休み前に夏祭りに一緒に行こうということを約束するといいでしょう。

 

いきなりふたりきりでデートに誘うのはハードルが高いと思うなら、

まずは友達数人とグループで一緒に好きなひとと海や花火大会に行ってから、

「今度はふたりで夏祭りに行かない?」とストレートに誘ってみましょう。

 

あるアンケートによると、8割以上もの男女は、

好きな人や気になる異性としか、そのような場所(夏祭り)に行きたくないと回答しています。

確かに、気になる人でなければ、勘違いさせてしまいますので、

デートに誘ったり誘いに乗ったりはしないはずですよね。

 

特別な日は、やはり好きな人や気になっている人と

一緒に過ごしたいと思うものですし、

好意を寄せている人しか誘う事はないと言えるのではないでしょうか?

約束が出来た時点で、ほぼ脈があると言っても過言ではないでしょう。

 

もし、誘えなかった場合は、残念ですが脈なしと言えますので

スパッと諦めることも大切かもしれません。

あまりしつこいと、余計に嫌われますよ(^^;)

 

夏祭りのデートで付き合っていない人と行く時の服装・コーデ!浴衣?

 

夏祭りに行くときの服装は、私服も良いですが、

夏祭りといえば、男子も女子も浴衣を

着ていく人が多いのではないでしょうか。

最近では、若者向けのオシャレな浴衣も売られていますよね。

お祭り気分をさらに盛り上げてくれるはずです。

女の子が夏祭りで浴衣を着るのは、自分が着たいからという理由だけでなく、

相手に見せたいという気持ちもあります。

それに、男の子の浴衣と違い、女の子が浴衣を着るのは

時間や手間がかかり結構大変なんです。

着慣れている場合はいいのですが、

一年に数回のことなのでたいがい苦労をして着ているのではないでしょうか。

私も、その時期に載っている雑誌の着付けを見ながら

四苦八苦して着た覚えがあります(^^;)

 

しかし、相手に喜んでもらえたり、

可愛いと思ってもらいたいと思う気持ちから、

頑張って着ると思うのでその時は、

少し恥ずかしいかもしれませんが、相手の浴衣姿を褒めてあげてくださいね

 

浴衣以外の私服でも全く構いません。

普段の制服以外の私服でもいつもと違った服装なので、

お互い雰囲気が違うと思いますよ。

夏が暑いのは当然ですが、お祭りになると

人ごみや屋台の鉄板などの熱気でさらに暑くなると思います。

なので、できる限り涼しい格好をしていきましょう。

同じ半袖シャツでも、なるべく通気性の良い服装がいいでしょう。

夏祭りのデートで付き合っていない人と行く時の持ち物

 

夏祭りのデートに持っていくと、便利なものがいくつかあります。

ティッシュやハンカチは便利というよりも、

マナーとして持っていくことをお勧めします。

屋台から焼きそばなどを買って食べた後には口が汚れてしまいますので、

持っていけば必ず役に立ちますよ。ウェットティッシュでもいいですね。

夏ということは、もちろん人混みで汗もかきやすくなります。

腕が触れた時にベタっとして女の子に汗臭いなぁと

思われたくないですよね。

トイレに行ったときなど、にサッと拭くといいですよ。

また、小さめのタオルでこまめに拭くのもいいですね。

 

それと、私も経験したことがありますが

“飲み物”を持って行ったほうがいいですね。

飲み物は会場で買おうと思うと、

なかなか売っているお店が見つからなかったり、

混雑して並ばなくてはいけないことがよくあります。

それに、自販機やコンビニよりも割高ですよね。

自販機で買おうとしてもの売り切れになっていたり・・・

 

会場付近にコンビニなどがあっても

混んでいてなかなか買えないことが多いです。

お祭りに行く前に、先に買っておくといいでしょう。

家から水筒を持って行ってもいいですね。

彼女の分も、持っていると(つまり、二人分ということですね)

彼女に喜ばれること間違いなしです。

 

お祭りの会場は人がいっぱいで、

ゴミ箱を探すのも大変かも知れません。

屋台などで買って食べたあとのゴミを手に持ったまま移動するのは、

汚れそうだし大変ですよね。

そんなときのために、ゴミ袋(ビニール袋)を持っていきましょう。

食べ終わったものをまとめて入れておけば、

ごみ箱を見つけた時に袋ごと捨てることができますよ。

 

夏祭りのデートで付き合っていない人と行く時のコツ・注意点

 

せっかくの夏祭りのデート、楽しく行きたいですよね。

そのためには、デートプランは

あらかじめしっかりと決めて、共有しておくといいでしょう。

 

また、待ち合わせが駅や夏祭りの会場の場合だと

人が多いので、お互いを探し出すのも大変です。

なるべく、男の子が先に待ち合わせ場所に行って待ってあげるといいですね。

 

はぐれたときの待ち合わせ場所を決めておくことも大切です。

お祭りの会場は、人でいっぱいではぐれやすいです。

特に夜のお祭りだと暗くて見えにくくなりますよね。

もしはぐれてしまったとき、携帯電話があるからと思っていても

なかなか繋がらなかったり、

自分のいる場所の特定ができなかったりすることもあるでしょう。

あらかじめ、はぐれたときの待ち合わせ場所を決めておくと安心です。

 

会場のトイレの場所、会場付近のトイレの場所

あらかじめ数カ所チェックしておくといいですね。

会場のトイレは確実に混んでいるし、

多くの人が使用するのであまりきれいではありませんよね。

女性も、あまり利用したくないようなトイレばかりです。

会場から少し離れたコンビニやお店などを

チェックしておいたほうが、彼女もうれしいですよ。

 

トイレ同様、屋台の混雑も避けられませんよね。

また、女の子とも前もって話し合い、

食事はどうするか決めておくといいですね。

屋台で何個も食べ物を買って歩きながら

食べるよりも、飲食店でゆっくり座って食べたいと

思うこともあるかもしれませんからね。

 

夏祭りのデートで付き合っていない人と行く時の告白

 

デートプランもたて、あとは楽しい夏祭りデート!

両想いになるための大チャンスです!

夏祭りの誘いにOKしてくれた時点で、確率的には高いと思います。

男の子も女の子も、全く好意のない

相手の誘いに乗ることはほぼないと思います。

夏祭りの盛り上りを勢いに、スパッと告白してみましょう!

きっと、うまくいきますよ。(^^)

 

夏祭りのデートで付き合っていない人と行く時:まとめ

 

緊張するでしょうが、誘って、OKまでもらえたら

あとは夏祭りデートで大きな失敗をしない限りは、告白も大丈夫でしょう。

頑張って、ぜひ素敵な1日をお過ごしください^^

甚平を洗濯機で洗ったらしわ・縮みが!頻度&方法は?

浴衣の左前とは?死人という意味は男女共通で同じ?

夏祭り関連の記事として、こちらもぜひご覧ください↑

 

コメント