独身女性老後の住まいと資金計画!50代からの準備とは!?

独身女性老後の住まいと資金計画!50代からの準備とは!?引っ越し・物件
スポンサーリンク

定年後のことを考えると、住まいのことが最も気がかりです。

大きな買い物は後悔したくないし、準備するなら50代がタイムリミットに思えてきます。

今回は、独身女性の老後の住まいと資金計画について、お伝えします。

将来の安心を計画的に準備しようとしているあなた、必見です。

スポンサーリンク

独身女性の老後の住まいはどうするべき?賃貸&持ち家、戸建て&マンション

 

独身女性が老後について考える時に、最初に考えるべきことは、

独り暮らしをするのか、同居をするのか、はたまた

ケア付きマンションなど高齢者向けの集合住宅にするのか、ということです。

そして、その住宅が賃貸か持ち家か、戸建てかマンションか

といったところでも、大きく変わってきます。

話が複雑になるので、わかりやすく1人暮らしを続ける想定で考えていきましょう。

 

独身女性の老後の住まい:賃貸か持ち家か

賃貸のメリットは、結婚や親の介護など、ライフスタイルに合わせて

住み替えることが可能なところです。

定年までは都会など通勤に便利なところに住んで、

退職後は住みたい家に引っ越すことができます。(多くの場合、田舎ではないでしょうか?)

もちろん、違う職場で働くこともあるでしょうし、海外で生活することもできますよね。

退職後にやりたかったことを実現するために、

余分な資産(持ち家)を持っていると、かえって身動きがつかないこともあります。

その点、賃貸は身軽に生活できますね。

 

一方、持ち家のメリットは、安心感です。

住む場所が確保されている安心感は、何ものにも代えがたいものがあります。

また自分の持ち物ですので、自分の好みのデザインに変えることも、

年齢に合わせて、老後にはバリアフリーにリフォームすることもできます。

特に一人暮らしの場合、何かがあった時に備えて

できるだけバリアフリーの家にしたほうが良いです。

 

それでは、デメリットを見てみましょう。

当たり前ですが、賃貸はその家に住み続ける限り、家賃を支払う必要があります。

退職後、収入が年金だけになっても、その負担は変わりません。

そして、高齢になってバリアフリーにリフォームが必要になった時は、

住み慣れた場所で不自由な生活を送るか、

違う物件に引っ越すのかといった判断が必要になります。

 

計画的に、ケア付き物件に入居できる場合はいいのですが、

急な体調の変化でライフスタイルの変更が必要になった時に、

全て自分で行うことは想像を絶する負担です。

 

それでは、持ち家はどうでしょうか?

購入時期にもよりますが、頭金や月々のローンを考えておく必要があります。

賃貸と違って毎月の家賃の負担はありませんが、固定資産税を納めることも忘れないでください。

また、家は傷んできますので、賃貸の場合は必要ない

補修やリフォーム費用も準備しておく必要があります。

費用だけでなく、実際に工事を行うときには、工務店探しから自分で行うことになります。

 

独身女性の持ち家については、こちらもご参考ください↓

 

独身女性の老後の住まい:戸建てかマンションか

戸建ては、いわゆる自分のお城です。

内装はもちろん、庭も全て思い通りになります。

思い通りになるということは、維持管理も全て負担し続けることになります。

 

たとえ、賃貸であっても維持管理に相応の負担があります。

もちろん、マンションも管理費などの負担もありますし、

集合住宅ならではのご近所さんとの気遣いなども必要になります。

 

また、地震などの災害が発生した時に、高層階であれば避難も大変ですし、

自宅で避難生活を余儀なくされることも考えなければなりません。

それぞれのメリットやデメリットを十分に考慮する必要があります。

独身女性が老後安心して暮らせる住まいとは?

 

独身女性が老後安心して暮らせる住まいは、賃貸よりは持ち家をおススメします。

戸建てかマンションかは、将来的な資産価値を判断材料にしてください。

家賃は払い続けても終わりはありませんが、ローンは期間が決まっています。

 

そして、決定的な違いは、最終的に自分のものになるかどうかです。

賃貸は、家賃を払っても決して自分のもの(資産)になることはありません。

しかし、持ち家はローンの負担はありますが、最終的に自分の資産になります。

困った時には、売却してお金に換えることができますし、

他人に貸して不動産収入を得る、ということもできるのです。

 

ケア付き住宅に移り住む時に売却して、多少でも

資金の足しにすることも可能ですし、家賃収入を得ることもできます。

将来的な資産価値を考慮した生活に便利な環境で手ごろな物件は、

結局あなたが老後安心して暮らせる住まいになります。

 

独身女性が老後安心して暮らせる住まいを得るために今するべきこと

 

定年後の生活のために、今、するべきことは、

「年金定期便」で自分の年金収入を確認することです。

毎年、誕生月に送られてくる「年金定期便」で、

将来自分がどれくらいの年金収入を得られるのかを確認しておきましょう。

 

また、個人年金や生命保険、会社で加入している各種年金や

保険、積立など全て確認してみましょう。

重複しているものは思い切って解約して、老後の資金として貯蓄に回しましょう。

本来なら、40代中頃までに自分の住まいを購入することが望ましいといわれています。

これは、購入の頭金の支払いや、ローンの関係から言われていることです。

でも、今からでも大丈夫です。

できることをして、自分の家を購入しましょう。

 

独身女性は老後の住まいだけでなく、自分の将来をじっくりと考えましょう

 

老後の住まいだけでなく、将来の自分の生活設計を考えましょう。

定年後は何がしたいのか、何をするのか、何をしなければならないのか。

自分にとって必要なものは何か、不要なものは何か。

 

決めつけないでください。人の気持ちは変わるものです。

後悔を最小限にするために、「自分がどう生きていきたいか」を考えてください。

決して、諦めないでください。

あなたの人生は、いつでもあなたのものです。

 

独身女性の老後の住まい:まとめ

 

今回は、独身女性の老後の住まいについて考えてきました。

最も大切なことは、あなた自身の考えです。人生は何が起こるかわかりません。

「良い人生だった」と思えるために、できる準備をしていきましょう。

やり残したことのない人生を送るために。

こちらの記事もご参考ください↓

独身女性が家を建てるメリットとデメリットとは?大きな決断する前に

 

 

コメント