サンタを子供が信じる年齢は何歳まで?いつまでに真実を伝えるべき?

サンタを子供が信じる年齢は何歳まで?いつまでに真実を伝えるべき? クリスマス

もうすぐクリスマスのシーズンがやってします。

世のお父さんお母さんは、クリスマスのサンタさんからのプレゼントに頭を悩ませているのではないでしょうか。

自分の子供が大きくなってきた時に、いつまでサンタさんの代わりを務めるのかというのはとても悩む問題です。

そんなサンタ問題に頭を抱えている親ごさんへ向けて、世の中のサンタさんの問題を紹介します。

スポンサードリンク

子供がサンタを信じる年齢は何歳まで?

 

子供がサンタさんを信じている年齢は、何歳までなのでしょうか?

平均的には、小学生の低学年で気づいたという方と小学生の高学年で気づいたという場合です。小学生4年生ごろが一番多いようですね。

自分では信じていても、サンタさんの正体に気づいたおともだちに諭されて、真実を悟ったというパターンが多くなっています。

 

なので、中学生にあがる前の小学生高学年、小学生5年生あたりになるとみんな気づいているが、

一部の子供は信じている子もいるというような状況となってきているようです。

サンタを子供が信じる年齢は何歳まで?いつまでに真実を伝えるべき?

サンタがいないことを何歳までに伝えた方が良い?

 

サンタさんはいないという事を、何歳までに伝えたらいいのでしょうか?

私は、あえて伝える必要はないのかと思います。

子供が自分の生活のなかで、町中にたくさんサンタさんがいたり、お友達と話している中で気づく事もあるかと思います。

 

それが子供の成長なのかな?と思うので、自分で気づくという選択もアリなのかと思っています。

とくに革新に迫ったことを話さなくても、子供も勝手に気付くでしょうね。逆に信じていてほしくても、いつかは気づいてしまうという事です。

スポンサードリンク

子供にサンタがいないと気づかせる方法

 

それでもやはり、子供が大きくなってきたからそろそろサンタさんの存在について気付いて欲しい、そう思う親御さんもいるでしょう。

そこで、子どもにサンタがいないと気付かせる方法を紹介します。

 

小学生低学年までは、教えないで信じ込ませてあげてほしいです。

子供にとってサンタさんというものは夢のある素敵なキャラクターなので、とってもとっても楽しみにしているので、その夢を壊してしまうのはかわいそうです。

 

高学年になってくると、親の方の考えとしても、自分たちからのクリスマスプレゼントと、サンタさんからのプレゼントを二つ用意するのはしんどいという事もあるかと思います。

とくに高学年となると、高額なゲーム機とかを欲しがりますよね!

そういった場合には、素直に高いものはやめてよお父さんお母さんが買うんだから。とすっぱりときっぱりと言ってしまうのも手だと思いますし、

サンタさんは小さい子にたくさんのプレゼントを届けないといけないから、譲ってあげようと諭すのもいいかと思います。

クリスマスプレゼント付き合う前の男性への渡し方!彼氏じゃない人へ

私は、その子供の性格によるのではないかと思います。

冷めている現実を達観しているような大人びている子であれば、さっぱりと真実を伝えてあげるのも優しさだと思いますし、

夢を見ている子であれば、サンタ神話は残したうえでサンタさんからのプレゼントを終了する、という考えもあるかと思います。

 

ちなみに、私が小さい時には小学生の低学年の時にサンタさんは子供のものだから小学校を卒業したら終わりだよと最初から打診されていました!

なので、毎年あと何年でサンタさんが終了なんだと数えながら、クリスマスを迎えていたのを覚えています。

スポンサードリンク

サンタさんはいるのか、子供に聞かれた時は?

 

サンタさんがいるの?と子供に聞かれた場合にはどのように答えたらいいのでしょうか?

サンタさんの存在は小学生の低学年くらいまでは信じさせてあげたいものです。その頃らへんにお友達に言われて、ショックを受けて親に聞いてくる場合もあるかと思います。

 

その時には、信じていないとサンタさんにプレゼントはもらえないんだよ~悲しいねと軽く答えておくにとどめておくのをオススメします。

小学生の高学年になってくると、子どもも確信をもってサンタさんはお母さんお父さんなんでしょ!と聞いてきます。

このころになると世の中をある程度は理解していますので、町中のサンタさんの扱いであったり、テレビを見ていて少しづつ気づいてきているのだと思います。

サンタを子供が信じる年齢は何歳まで?いつまでに真実を伝えるべき?

そんな場合に、親の方もそろそろ気づかせたい場合には、どのような答えを出したらいいのでしょうか。

サンタさんなんでしょ?と言われてたら、

そうだよ、〇〇が自分で気づけるくらい大人になるまではサンタさんの代わりをしていたんだよ。

ときっぱりと教えてあげるのもいいかと思います。

他には、

違うよ、サンタさんはいたんだけど〇〇が大人になったから見えなくなっちゃったんだよ。

とサンタさんの存在はにおわせて否定することで、幼少期の思い出を素敵なものとして残しつつプレゼントを終了するという方法もあります。

 

私の場合には、小学生で終了するのをお知らせされてはいたのですが、サンタさんはいることになっていました…

どんなに親に聞いても、いるよ、信じてないならこなくなるよ。だから親のいう事は聞いていい子にしていなさい。といった感じでサンタさんのうまみだけ味わう感じでした…

スポンサードリンク

日本の子供は海外の子供と比べてサンタを信じる年齢が違う?

 

日本と海外では、クリスマスの力の入れようにも差があるかと思います。サンタさんを信じる年齢にも、違いがあるのでしょうか?

日本の子供は、遅くても小学生高学年で、大体は小学生低学年ではサンタの正体を確信していますよね。

 

海外では、小学生低学年で少しづつサンタさんの正体に気づく子が出てきて、10歳ごろになるとだんだん気づく子が多くなってくるようです。

遅い子になると中学生になっても信じている子もいるのだそうです。

日本に比べると、3~4年ほど遅い統計となります。

クリスマスに何もしないカップル 彼氏ってどうなの?できることは?

海外は、日本と比べると宗教を信仰している方が非常に多いですよね。とくにキリスト教の方は、クリスマスに触れる機会が多いので、長く信じていられるのだと思います。

国にもよりますが、日本と違って海外では危険もとても多いので、日本のように子供たちだけで遊ぶというのはあまりありません。

子供たちがお友達と遊びに行くというときでも親がついて一緒に行くので、こどもだけの世界があまりないので、いつまでも子供の気持ちでいられるのですね。

 

サンタを子供が信じる年齢は何歳まで?:まとめ

 

大人になったときにサンタさんの思い出はかけがえのないものになります。

なので、サンタさんの正体を子供に話すときにも、アフターケアを大事にしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

コメント