賃貸の保証人不要物件は危ない?デメリットは?借りて後悔する前に!

賃貸の保証人不要物件は危ない?デメリットは?借りて後悔する前に!引っ越し・物件
スポンサーリンク

「保証人は必要ありません」と謳われている物件は、審査が簡単で、

すぐに入居することができるように思われますが、実はそうではありません。

そこで、今回は、保証人不要の物件にどのようなメリットがあるのか​​、

またどのようなデメリットがあるのか​​を、できるだけわかりやすくご説明します。

スポンサーリンク

賃貸の保証人不要物件は危ない?女性は大丈夫?

 

一般的に、部屋を借りるときには、保証人なしでは契約することはできません。

あなたが物件を借りるということは、

あなたに貴重な不動産を貸す家主がいることになりますが、

家主にとって、あなたが家賃を払えなくなったらどうしようという不安があります。

 

しかし、あなたに物件を貸さなければ、家主は儲かることはできません。

そこで考えられたのが保証人と呼ばれるシステムです。

他人にアパートを貸している家主の不安を補うために、

借り手とは別に「保証人」を設けて家賃が払えなくても、

その人から回収できるシステムです。

 

また、借り手の保護者が連帯保証人となることが一般的であるため、

保護者が保証するのであれば、家主も安心出来ます。

 

このように、物件を貸す時には、

家賃を払うことができないときのために、

「連帯保証人」として、もう一つの請求先を設定するのが一般的です。

体系的には、借金に似ています。

 

ただし、保証人を必要としないと謳われている場合は、

連帯保証人は必要ありません。

これが保証人不要物件です。

女性でも、大丈夫です。

 

賃貸の保証人不要物件でも保証会社が必要?

両親に保証人を頼もうとしても、すでに亡くなっていたり、

生きていても、年金受給者で連帯保証人の条件を

満たすことができないということもありますよね。

兄弟や親戚にそういった負担を求めるのも困難です。

 

こういったことから、連帯保証人を設定せずに

借りることができる物件を探している人が多いので、

最近では、不動産会社も保証人を必要としないサービスを提供しており、

そのようなサービス付きの物件が増えています。

 

大まかに言えば、一定の保証料を支払うことで、

不動産会社と提携している第三者機関が保証人となってくれるサービスです。

保証料の額、審査基準、その他のサービスは、

不動産会社や保証会社によって異なります。

 

一般的な保証人不要のサービスは

不動産会社と保証人が保証契約を締結し、

委託元の保証人が請負業者を調べ、

借り手に賃貸料と保証料を請求するシステムです。

 

保証会社等からの委託販売会社が

賃貸料や保証料を請求する場合もあります。

保証料は通常、家賃の数パーセントです。

毎月の保証料に加えて、数万円の管理手数料が

最初に必要となる場合があります。

 

保証を提供する代理店は、多くの場合

不動産会社の関連会社、または不動産会社が提携している大手保証会社です。

 

賃貸の保証人不要物件のデメリット

 

保証人不要物件は非常に便利に見えますが、いくつかのデメリットがあります。

それでは、保証人不要物件デメリットとは何でしょうか。

 

賃貸の保証人不要物件のデメリット:保証会社との契約

まず、保証人が必要とされない物件の場合、

保証会社との契約を必要とする場合が多くあります。

保証会社を利用する場合、借り手は

入居時に保証料を負担しなければならず、

更新時にも更新保証料が発生するのが普通です。

 

賃貸の保証人不要物件のデメリット:保証会社の審査

また、保証会社によっては

通常の審査よりも厳しい場合があり、これもデメリットになります。

 

保証人を必要としない物件は、

人気のない物件が中心である可能性があります。

場所、部屋の間取り、築年数など、人気が低くなる理由がある場合は、

所有者が多少条件を下げても提供する必要があります。

 

そのため、保証人を不要にするなど、入居条件を緩和して募集する場合があります。

人気のない物件が中心だと、借り手の選択肢が狭くなり、デメリットになります。

賃貸の保証人不要物件のデメリット:初期費用

保証人が不要の場合、例えば家賃の延滞が発生した場合などは、

家主の側にリスクがあります。

そのため、保証金や礼金などの初期費用を担保として高く設定されがちです。

あるいは、入退室時に通常は支払わなくてもよい

費用を支払う必要がある場合もあります。

保証人が不要であることはメリットですが、

さらに大きなデメリットがある場合もあります。

 

賃貸の保証人不要物件のデメリット:定期借家契約

保証人不要の物件については、定期借家契約が締結されている可能性があります。

定期借家契約は期間限定契約であり、

契約期間が満了するとリース契約は終了します。

もちろん、所有者と借り手の両方が同意すれば

再契約することは可能ですが、契約が一定期間内に終了する

可能性があるというリスクがあります。

 

例えば、建物を事前に解体するか、

他の目的で建物を使用することにした場合、

借り手は長く住めない可能性があります。

リスクもあり、これはデメリットになる可能性があります。

 

賃貸の保証人不要物件のデメリット:事故物件

事故物件である可能性があります。

事故物件とは、部屋または共用エリアに孤独死、自殺などがあった物件を指します。

事故物件の場合、仲介業者は、仲介時にこれを借り手に説明する必要があります。

一方で、「事故があっても、一度誰かが入居したら説明する必要がない」

という傾向もあります。悪評を少しでも払拭しようと、

短期的に誰かを住まわせることも可能です。

 

そのため、意図的にハードルを下げて、保証人不要でも貸す場合があります。

事故資産をあえて望んでいる方以外にとっては、デメリットです。

賃貸の保証人不要物件のメリット

 

保証人不要物件のメリットを挙げます。

賃貸の保証人不要物件のメリット:手続きがない

保証人となる人がいない場合、またはできるだけ

他の人に迷惑をかけずに手続きを進めたい場合は、

保証人の手続きが必要ないことは、大きなメリットでしょう。

 

保証人が必要な場合は、保証人の印鑑と印鑑証明書を発行する必要があります。

保証人が遠くに住んでいたときに

証明書を準備する時間と書類を送る時間は長くかかることがあります。

保証人が不要の場合は、こういった手順が不要なので、手順を早く完了できます。

 

賃貸の保証人不要物件だと審査はない?入居しやすい?

 

保証人不用物件にも、入居審査はあります。

そもそも入居審査とは「安心して物件を貸せる人なのか」を判断する審査です。

入居審査には明確に決められた判断基準ありません。

なので、大家さんや管理会社によって判断が異なってくることがあります。

 

しかし、仲介を行う不動産会社が「この人には貸せない」と判断した場合には、

その時点で契約を断られることもあります。

とはいえ、大きく共通するのは「家賃を滞りなく払ってくれそうか」という点でしょう。

 

大家さんの立場になって考えてみると分かりやすいと思いますが、

貸し手はできるだけ家賃滞納や近隣トラブルなどを起こす

可能性がなさそうな人に入居してもらいたいですよね。

年収や職業が安定しているのはもちろんですが、も大切な要素ではないでしょうか。

 

申し込み時の態度が横柄だったり、話し方が横暴な人、服装がだらしない人、

極端に派手な服装の人などは、入居後に何らかのトラブルを起こす可能性がある

と判断されることがあります。

実際の生活がそうでなくても、見た目で判断されたりすることもあるかもです。

印象は大切です。清潔感のあるごく普通の服装で行かれるほうがいいですね。

 

保証人不用の物件については、保証人代行会社を利用するなどの手段で

審査を通れば、保証人不要で部屋を借りることが可能です。

保証人代行会社は物件によって、大家さんまたは不動産会社によって

指定されていることがほとんどで、自分で選ぶことはほぼできません。

 

また、提携するクレジットカードを利用して家賃を支払うことで、

連帯保証人を不要としている不動産会社もあります。

ただし、クレジットカードの作成が必須の場合には、

カードの審査に通らない人は利用できません。

 

賃貸の保証人不要物件の方が値段が高い?なぜ?

 

家賃滞納が発生した時は保証人がいない場合、大家さん側にはリスクが生じます。

保証人不用の物件はそのためその担保として、保証人が必要な物件と比べて

敷金・礼金等の初期費用が高めに設定されているところがあります。

初期費用、もしくは入居時・退去時に不要なお金を取られたり、

本来は支払う必要のないオプション費用を

支払わなければならない場合もあるかもしれません。

 

一般的な保証人代行会社の利用では、月々の家賃の支払いは

連帯保証人を立てた場合と同じくらいです。

保証料を保証人代行会社に支払うことになりますが、

家賃の一定割合を契約時に一括で支払うのが一般的です。

 

保証会社によって保証料は異なりますが、

例えば2年間の保証代行サービスの利用で家賃の30~70%を支払うのが目安です。

更新時の支払いは、固定額で1万円などに負担が軽減されるものが多いです。

 

クレジットカードでの保証の場合には、毎月の家賃の支払い時に保証料がプラスされます。

ただし、クレジットカードの利用でポイントがつくと、

ポイントの還元がある分実際には負担が軽減されますね。

賃貸で保証人と保証会社は両方必要?その理由は?用意できない時には

 

賃貸の保証人不要物件に入居する際の注意点

 

保証人がいない人の場合は、保証人不要の物件は非常に助かりますよね。

しかし、それ以上に気をつけておかなければならないこともあります。

 

保証人不要の物件の多くは、万が一、借主に家賃の滞納があった場合の備えとして

大抵は保証会社必須となっている物件がほとんどです。

家賃保証の契約料金は指定されている保証会社によって異なりますが、

主に入居時に保証料を負担する必要がありますし、

更新時にも更新保証料がかかる事が普通です。

 

保証会社との契約を経て入居した場合、契約期間の最中での途中解約は

保証料が原則返金されないなどの特徴もあるため、

入居期間や予算に応じてご自身の都合に合わせた保証人不要の物件を探しましょう。

また保証会社によっては通常の審査よりも厳しいこともあります。

 

保証人不要となっている物件には、不人気な物件が含まれている場合もあります。

立地や間取り・築年数など物件を探す人にとって魅力に欠ける理由がある物件であれば、

大家さんとしては入居してもらうためには、

入居条件を緩和することにより募集をしなければなりませんよね。

 

たとえ立地や間取りがよかったとしても、事故物件ということもあります。

賃貸でいう事故物件とは、例えば室内や共用部分において、

孤独死や自殺などがあった物件を言います。

事故物件の場合には宅建業者は仲介をする際に、

告知事項としてその旨物を説明しなければなりません。

 

もし、入居条件がとても良かったとして、賃料が他の件よりも安い時には、

気をつけたほうがいいですね。

事故物件をあえて希望するという人はあまりいませんよね。

賃貸の保証人が海外在住でも大丈夫?他に見つからない場合は

 

また、定期借家契約等が締結されている可能性があります。

定期借家契約とは期間限定の契約であり、

契約期間が満了することで賃貸借契約が終了します。

その場合、大家さんと借主さんの双方の合意があれば再契約をすることは可能ですが、

一定の期間で契約が終了してしまう恐れもあります。

 

もし退去後で原状回復費でいくらか請求されて、

支払が出来ない場合は裁判を起こされる恐れがあります。

そうなるともちろん裁判では負けることになりますし、

裁判費用も全て自分が支払わなければなりません。

社会的な信用も失ってしまう可能性もあります。

保証人不要の物件は責任は全て自分が背負うことになります。

賃貸の保証人不要物件で家賃を滞納した時、どうなる?

 

保証人がない場合、家主さんと借主の問題になります。

もちろん、家賃が払えなくなって、家主さんから出て行けと言われれば

有無を言わさず出て行かなければなりません。

 

また、証人代行会社との契約があった場合も保証料は保険ではありません。

家賃の滞納によって立て替えを受けた場合には、返済しなければなりません。

家賃の滞納が続くと、保証代行サービスの利用が更新できなくなる可能性があります。

賃貸保証データベースを利用する業者間では、家賃の滞納歴が記録されるため、

ほかの保証人代行会社を利用することも難しくなります。

連帯保証人を頼む人がいない人にとって、

保証代行サービスを利用できなくなることは、住む場所を失うことを意味します。

 

そうならないためにも、自分に支払いの無理のない収入に見合った

家賃の物件を選ぶことを勧めます。

 

賃貸保証人不要物件は危ない?デメリットは:まとめ

 

保証人が不要であるという条件は一見すると良いと思われるかもしれませんが、

連帯保証人を立てるより、より多くの費用がかかります。

そしてあなたの理想の物件に住むことは困難ですので、選ぶ際に注意してください。

何らかの事情があり、保証人を立てずに物件を探したい場合は、保証人なしの物件を念頭に置いて物件探しをすることをお勧めします。

 

賃貸の保証人に兄弟・友人は良い?他にいない場合はどうする?

賃貸の保証人が海外在住でも大丈夫?他に見つからない場合は

賃貸で保証人と保証会社は両方必要?その理由は?用意できない時には

賃貸に関する記事として、こちらもご覧ください↑

 

コメント