落語家の階級と給料!大看板や前座とは?話の途中で羽織を脱ぐ理由も

落語家の階級と給料!大看板や前座とは?話の途中で羽織を脱ぐ理由も未分類
スポンサーリンク

テレビに良く出ている落語家の人を真打ちの○○さんとか前座の○○さんと呼んでいるのを耳にしますが、そもそもその階級の呼び方って何だと思いませんか?

落語の階級と階級ごとの給料、前座や大看板などについて詳しく紹介してみますね。

スポンサーリンク

落語家の階級と給料は?こんな人が有名

 

落語家の階級は、「真打ち」「二つ目」「前座」「前座見習い」という階級にわかれています。

前座見習い

師匠となった人が入門を許可した時点で前座見習いになることが出来ます。

ですが、まだ落語協会に登録されていないので、師匠と一緒に楽屋に入ることは出来ません。

仕事としては、師匠の鞄持ちや雑用(師匠の身の回りの世話)等がほとんどです。

前座になる為の修行落語の稽古や鳴り物(太鼓)の稽古が必至になってきます。

前座の期間は、人によって違ってきます。

 

前座

前座は寄席のプログラムで一番初めに高座に上がるので、そのように呼ばれるようになりました。

仕事としては、前座見習いの仕事プラス楽屋に入ることが許可されるので、楽屋の仕事が加わります。

師匠の家の雑用→楽屋の準備→2番太鼓を打つ→前座として高座に上がる→高座返しやネタ帳付け→トリの高座が終わると追い出し太鼓を打つ

といったお仕事の流れです。

 

二つ目

寄席のプログラムで、2番目に高座に上がります。二つ目は雑用の仕事がなくなります。

なので今までのように毎日寄席に来なくてもよくなるので、高座の数が減ります。当然、給料も減りますよね。

服装も紋付き、羽織を着れるのでパッと見、立派な落語家に見えます。二つ目としての期間は、約10年くらいと言われています。

10年!やはりこれくらいになるまでに、時間がかかりますよね。

 

真打ち

真打ちは、寄席で一番最後に出る資格を持つ落語家です。又、弟子をとることができる人です。

 

では、今までの階級での給料の違いはあるのか、とても気になりませんか?

落語の階級ごとの給料としては、以下が目安となります。

  • 前座見習い…120万円
  • 前座… 360万円
  • 二つ目… 550万円
  • 真打ち… 650万円

このようになります。意外に、二つ目と真打ちの給料の差があまり変わらないのに、少しびっくりですね。

ちなみに一回のギャラが高いのが、著名落語家で言うと

林家正蔵師匠で75万円~100万円、年収にすると4800万円になります。

次に円楽師匠で、一回のギャラが60万円~80万円になります。年収にすると3800万円くらいになります。

皆さん、有名な落語家さんばかりですね。

落語家の中で、大看板とは?

 

まずは、大看板の語源を少し…。

江戸末期~昭和初期くらいまで、東京の寄席では立て看板や灯籠に一流の芸人さんの名前を他の誰よりも大きく書いていました。

 

又、諸説ありますが、その人の名前でたくさんのお客さんを呼ぶことの出来る人(力)ある人のことを呼んでいました。

始まりは芸人さんからですが、映画や演劇などでも使われるようになりました。

有名どころの落語家(現存、故人)でいうと、林家小師匠、古今亭志ん朝師匠、桂歌丸師匠、立川談志師匠三遊亭円楽師匠、林家正蔵師匠がいます。

 

なぜ、落語家が話の途中で羽織を脱ぐの?

 

ところで、よく話の途中で、落語家が着ている羽織を脱ぐことがありますよね。

あれってなぜわざわざ着ている羽織を脱ぐの?なぜ側に置くの?って思ってました。

よく調べてみると、「え~!」と思うようなことや、なるほどと思える事がいろいろとわかりました

羽織を脱ぐ仕草は、

  • マクラから本題に入る合図
  • 次の落語家の準備OKを知らせる

などの理由があるのです。

 

マクラから本題に入る合図

そもそも落語の中の登場人物は多くが町人で、いわゆる庶民がほとんどで、そういう人たちは日常で羽織を着ません。

落語が始まり、いよいよ本題に入ろうとする時に役(庶民)になりきるために脱ぐ、というわけです。演出ということですね。

 

次の落語家の準備OKを楽屋から知らせる為

元々は脱いだ羽織を袖の人が拾い引っ張ることで、次の落語家が楽屋に来ていて高座に上がる準備が整ったという合図だったというわけです。

昔は今よりも高座の幅が狭かったから、羽織を拾う事ができたのかもしれないですね。

羽織を脱ぐ仕草がきれいな落語家さんもいましたよね。ひとつの流れでサッと脱ぐような仕草で。

 

有名な落語家でいうと三代目桂春団治師匠の仕草が格別だそうで、

春団治師匠は脱ぎ方にこだわりがあるそうで、羽織の紐を一瞬でほどき袖口を両手で広げてサッと脱ぐ様は、落語同様、脱ぐさまも一流だったようです。

 

上方落語界では、四天王として芸に磨きをかけて活躍しました。

落語の世界をあれやこれやと調べてみると、落語の世界は実に深く一生をかけて芸の道を極める立派な仕事であることがわかりました。

 

落語の階級と給料:まとめ

今まで、ただなんとなく見たり、耳にしていた落語が前よりもっと好きになりました。

芸の道を極めた人たちだからこその洒落て粋な笑を届けられるのではないでしょうか。

東京の落語も上方の落語も下積みを経て、芸を磨き、自分の一生涯の芸にした師匠さんだからこそ、飽きられることのない一流の笑を届けられるのではないでしょうか

日本の粋な宝、生きた宝の落語をこれからもごひいきに!

コメント