プールの筋肉痛の治し方!首や肩などへの対策!今後ならないには?

プールの筋肉痛の治し方!首や肩などへの対策!今後ならないには?水泳
スポンサーリンク

せっかく張り切って運動を始めても、筋肉痛がひどくて続かなかったり、翌日に

歩行も困難なほどの筋肉痛でつらい思いをしたという経験がありませんか?

「水泳は筋肉痛にならないスポーツだ」という都市伝説的っぽい話しを聞いたり

しますが、そんなことはありません。水泳も筋肉痛にはなります。

特に普段ほとんど運動をしない人とかは、いきなり水泳でガンガン泳ぎまくると

次の日の筋肉痛は確実です。

 

それってやっぱり、運動不足によるものなんでしょうか。

それとも泳ぎ方にもよるのでしょうか。でも、だからといって泳ぐたびに筋肉痛に

なってしまうのも困りますよね。

そのため、プールの筋肉痛の予防法と、もし筋肉痛になってしまったときの治し方を知っておくといいですよね。

そして、筋肉痛になりにくい体を作れたらいいと思いませんか。

スポンサーリンク

プールでの筋肉痛の原因

 

筋肉痛は、運動をした翌日以降などに、使った筋肉に痛みが起こる現象です。

症状がひどい場合は、運動はもちろん

日常の歩行さえも億劫になるほどの痛みを伴います。

筋肉痛になるメカニズムは、まだはっきりとは解明されていませんが、次のことが

考えられています。

スポンサーリンク

プールでの筋肉痛の原因:その1

運動することによって、筋肉が大きく動かされ形が変わると、

その伸縮性のない結合組織が損傷し、炎症が起きるといわれています。

 

プールの筋肉痛の原因:その2

疲労物質と言われている乳酸は、

ブドウ糖を分解し筋肉を動かすエネルギーを

作るために必要な物質です。

これが、激しい運動をするとエネルギーを多く作ろうとして乳酸が筋肉に過剰に蓄積し、

中性であった筋肉が酸性となり筋肉を固くさせるため、

炎症や痛みを引き起こすといわれています。

 

プールでの筋肉痛の原因:その3

損傷した筋肉が同じ場所に新たに筋繊維を合成しようと一度分解するため、

その分解をする際に炎症が起きて傷みが発生するといわれています。

つまり、水泳に限らず激しい運動をすると、

体の様々な筋肉に負荷を与えてしまうということですね。

 

プールの筋肉痛の治し方

 

プールでの水泳からの筋肉痛を治す方法は、いくつかあります。

プールの筋肉痛の治し方その1:軽い運動

プールの場合はまず、軽い運動を行うことです。

筋肉痛は疲労状態にあるのですが、激しい水泳やトレーニングやをした後は、

疲労物質の乳酸が体内に残ってしまうため、何もしないでおくとどんどん筋肉が固くなります。

 

ゆっくり泳いだり、水中ウォーキングなんかの方法も良いですね。

溜まった乳酸を体外に出そうとすることで回復が早まります。

筋肉痛の回復力を高めるために、特定の栄養素を含む食品を取る事で回復が早く

なるとも言われています。

  • タンパク質(魚、大豆、肉、卵、)
  • ビタミンB1(玄米、豚肉、生ハム)、
  • クエン酸(梅干し、苺、アセロラ、レモン、お酢)

 

などです。

特別な食品ではなく、普段から食べているものばかりなので簡単に摂取できますね。

 

プールの筋肉痛の治し方その2:休む

一番効果があるのは、ゆっくり休むことじゃないでしょうか。

時間が、一番効果的に筋肉痛を治してくれます。

地味ですが、これが最も効果があります。

 

今まで、放っておいて治らなかった筋肉痛はなかったと思いませんか。

今現在、1ヶ月前や1年前の筋肉痛が残っているということはないですよね。

時間以外、完全に筋肉痛を治してくれるものはありません。

結局、筋肉痛は放っておくことが、

労力もお金もかからない一番効果的な方法なのです。

 

久々に水泳をした後などは、全身に疲労感がありぐっすり眠りやすいと思うので、

体を休ませてあげてることが一番ですね。

特に夜10時〜午前2時までの間に睡眠を取ると、

肉体を回復してくれる成長ホルモンが分泌されるので、健康的にもいいんですよ。

スポンサーリンク

プールでの筋肉痛の治し方:首の場合

 

水泳をしたあとの筋肉痛で腰痛についで多いのが、首痛です。

その理由として無理な呼吸をすることにより、

首にストレスがかかっていることだと思われています。

 

泳ぎ型別に考えると、クロールでは左右に呼吸をします。

初心者の人は、息継ぎをする為に必死で顔を水上に上げようとしますよね。

これが首痛をまねく原因になります。

首を無理にひねる為に痛みが発生するのです。

 

呼吸をする際は、首を無理にひねるのではなく、

肩を持ち上げるようにしてゆっくり頭を横に向けるように意識してみてください。

また、同じ方向に呼吸をするために、

単に片側にストレスがかかってしまうことがあります。

たまに逆方向の呼吸をすることによって、

痛みがでない場合がありますので試してみてください。

 

平泳ぎも、首痛を引き起こしやすい泳法です。

前呼吸なので、クロールと同じく呼吸時に首にストレスがかかりやすくなります。

特に初心者の方はアゴの上げ下げにより、

首を振りながら呼吸するため首痛も発生しやすくなります。

 

平泳ぎの呼吸は、顎をあげて首を上げ下げするのではなく、

むしろアゴをひいて目線を斜め前において呼吸します。

バタフライも、平泳ぎと同じような理屈ですね。

 

背泳ぎについては、特に首痛を引き起こすことはないのですが、

まれに腕を回す際に頭が上下に動く方がいて、

それにより首痛を引き起こす可能性もあります。

 

このように泳法別に首痛を引き起こす原因があることがわかりましたが、結局は

呼吸時に首を無理に動かし過ぎなのが原因です。

首痛が発祥した場合は、無理せずにしばらく泳ぎを休むなりしてくださいね。

 

プールでの筋肉痛の治し方:肩の場合

 

水泳で首以外にも起こりやすい症状が、肩の痛みです。 水泳肩と言われています。

肩関節内部や周辺の腱板に

炎症や断裂が生じる状態のことを水泳肩と言います。

 

腕を大きく回すことで推進力を得るクロールやバタフライは、

肩関節に過度な負担を引き起こします。

肩関節周囲には多くの筋肉が存在し、肩関節と腱板でのつながりを持ちますが、

これらの腱板が腕のストローク運動の際に

上腕骨の大結節と擦れ合うことが主な原因です。

 

なのでやはり、腕などの動きをコントロールする

肩の筋肉をほぐすストレッチをすることをお勧めします。

腕の上げ下げなど日常生活の中で使うことが多いので、

定期的にストレッチでほぐすことが必要です。

ストレッチすることで肩甲骨の動きを良くすることもできるので、

肩こりなどの予防にも効果的です。

プールを子供が嫌がる時の対策!自宅でできること!我が子の場合

スポンサーリンク

今後プールで筋肉痛にならないためには?

 

筋肉痛は、慣れない運動や筋肉が伸ばされる運動で起こります。

やはりどんなスポーツにも言えることですが、

まずはストレッチを入念に行うことですね。

普段あまり動いていない人は動きすぎないようにする。

何かスポーツや筋トレをしている人も、

慣れていない運動をするときには抑え気味にするといいでしょう。

 

いきなり泳ぐと筋肉に強い負荷がかかってしまうので、

軽いウォーミングアップ的な感じで

ラジオ体操とかやってみてはどうでしょう。

最初の頃はちゃんとやっていても、

慣れてくるとだんだん面倒になって来るかと思います。

ですが、ケガの防ぐためにも必ず行ってください。

 

そして、運動したあとはゆっくり体を休めるといいでしょう。

時間が、一番効果的に筋肉痛を治してくれます。

 

プールでの筋肉痛の治し方:まとめ

 

プールでの水泳は楽しいですが、首や肩への筋肉痛はつらいですよね。

楽しみながらも、健康に楽しく泳ぐためにも、筋肉痛への対策を忘れないでください^^

プールの肌荒れ対策!治る?こどもにはどうする?

プールのコンタクトは大丈夫?ゴーグルなしの場合は?

プールの化粧はどうする?禁止・マナー違反?デートの時は?

プール関連の記事として、こちらもご覧ください↑

 

コメント