ポリ袋を電子レンジで加熱してもいい?安全性は?有害ではないのか

ポリ袋を電子レンジで加熱してもいい?安全性は?有害ではないのか家事
スポンサーリンク

パンを購入した時、買ったその日すぐにというよりも、

翌朝に食べることも多いですよね。

しかし朝は何かと忙しいので、パンが入った“ポリ袋”のままレンジで温めたいところ。

しかしこの“ポリ袋”って、熱に強いのでしょうか

カサカサした感触の“ポリ袋”ですから、ちょっとした熱で溶けてしまいそうな気もしますよね。

そういうことで、この“ポリ袋”が、熱に強いのかどうかということを、ご紹介します。

スポンサーリンク

ポリ袋・ビニール袋を電子レンジで加熱してもいいのか

 

「“透明のビニール袋”は熱に弱いが、“半透明のビニール袋”は熱に強い」という話をよく聞きませんか?

何人かがそう言っていると、きっとそれが正しいのだろうと思ってしまいますよね。

しかしこれは、ちょっと“誤解を招くことに繋がる”ということを、知っておかないといけないようです。

 

実際は、世間で“透明のビニール袋”、“半透明ビニール袋”と呼ばれているものは、どちらも“ポリ袋”になります。

素材は、ほとんどの物が“ポリエチレン”か“ポリプロピレン”になるのですよ。

ということは、透明も半透明も“ポリ袋”ということになりますよね。

 

透明の“ポリ袋”と、半透明の“ポリ袋”の違いは?というと、透明は”低密度ポリエチレン“

半透明は“高密度ポリエチレン”という種類の違いだということですよ。

あなたは、ご存知でしたか?

私は、ポリエチレンにも2つの種類があるなんてことは、今まで知りませんでした。

“高密度ポリエチレン”の半透明袋は、90℃~120℃ほどの耐熱性があるので、

レンジで温める“ポリ袋”として、家庭で大活躍していますよね。

 

しかし、心配なことがあります。

耐熱性があるということは、“有害物質が溶け出すことはまずない”ということなのでしょうか?

実は、有害物質が発生する可能性があるのは、ビニール袋の方なのです。

ポリ袋を電子レンジで加熱してもいい?安全性は?有害ではないのか

スポンサーリンク

ポリ袋・ビニール袋の安全性は?もしかして有害?

 

やはり、口から入れる食品に関しては、安全性を重視するようになりますよね。

「便利ならよい」「安ければ良い」というわけにはいきません。

ポリエチレンでできた“ポリ袋”は、加熱した時に有害物質が溶け出すということは、まずありませんよ。

 

“ポリ袋”をレンジで加熱した時の安全性については、

レンジで加熱しすぎないことが前提で、95℃以上に温度が上がらなければ大丈夫ですよ。

ポリ袋やビニール袋を加熱するとどうなるの?

 

ですから、“油分・脂肪分が多い物”や“水分が少ない物”を加熱する時は、注意した方が良いですね。

“食品がポリ袋に接触している部分”が、高温にならないよう気を付けましょう。

気になるようでしたら、やはり耐熱皿に移して、ラップをして、温めることをおススメします。

“ポリ袋”は、溶けたとしても、体に害はありませんが、臭いや食感が、気になるのではないでしょうか?

 

いずれにしても、まったく問題なしとは言い切れませんので、

“試しにやってみよう!精神があれば”というところでしょうか。

せっかく美味しく食べようとして温めたものが、台無しにならないことが、何よりも一番ですよね。

ポリ袋を電子レンジで加熱してもいい?安全性は?有害ではないのか

スポンサーリンク

ビニール袋に入れたままパンをレンジ加熱してもいい?

 

厳密に言うと、“ビニール袋”に入れたまま、

パンをレンジで加熱するようなことは、まずないでしょう。

スーパーで使用されている“ビニール袋”と呼ばれているものは、

実際は“ポリ袋”ということになりますからね。

 

そしてこのポリ袋は、加熱するとどうなるかというと、長時間加熱をしなければ、基本大丈夫です。

しかし場合によっては、溶けることもあります。

加熱する時は、透明の“低密度ポリエチレンポリ袋”ではなく、

半透明の“高密度ポリエチレンポリ袋”を使用しましょうね。

 

その理由は、“高密度ポリエチレンポリ袋”の方が、熱に強いからです。

もしも溶けてしまった場合、身体への害はありませんが、

いい気持ちはしませんので、溶けた部分だけでも、取り除いた方が良いのではないでしょうか?

電子レンジ加熱OKのポリ袋・ビニール袋もある?

 

基本的に“高密度ポリエチレン”の“ポリ袋”は、電子レンジでの加熱が、OKです。

ビニール袋の“ビニール”と言うのは、正確に言うと、

塩化ビニール樹脂のフィルムが、使用された袋のことになります。

水着を入れるための透明バッグや、ビニール傘、ビニールハウスの素材がそれにあたります。

 

一般的にスーパーで使われているのは、ほとんどが“ポリ袋”ということになりますよ。

電子レンジOKの“ビニール袋”があるのかどうかですが、それは、まずないと言ってよいでしょう。

塩化ビニールの場合は、燃やすとダイオキシンなど、有害物質が生成される場合があります。

“ポリ袋”に関しては、有害物質を含みませんので、燃やしても問題はありません。

 

では、電子レンジでの加熱に優れたポリ袋を紹介しますね。

 

 

 

ポリ袋を電子レンジで加熱してもいい?安全性は?:まとめ

 

私はこれまでずっと、透明の袋のことを、“ビニール袋”と言うのだと勘違いしていました。

世間で、ダイオキシンが問題視されていた頃、

「ビニール袋は燃やすと過剰にダイオキシンが発生する」と言われていました。

現在、塩化ビニール樹脂は、ダイオキシンと関係ないことも知られていますよ。

素材をよく知ったうえで、ポリ袋を食品の加熱に使っていきたいですね。

家事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
みんなのサイト

コメント