お盆中海に入ってはいけない期間!砂浜でも水難事故が多い理由とは?

お盆中海に入ってはいけない期間!砂浜でも水難事故が多い理由とは?水泳
スポンサーリンク

お盆は、あの世からこの世に死者の霊が帰ってくる期間と言われています。

水難事故が多く起こる時期でもありますが、

その理由が霊によって引き起こされるという説もあります。

そんなお盆に海や砂浜での水難事故が多い理由、入ってはいけない期間などについてまとめました。

スポンサーリンク

お盆に海に入ってはいけない期間

 

お盆に海に入ってはいけないとよく聞きませんか?

私はもともと夏に海に入ることが少ない家庭でしたので、

お盆に入ってはいけないと親から言われたことはありません。

 

しかし、海水浴に毎年行く友人が海に入る時期は、お盆以外の日にちが多かったです。

お盆は8月13日から4日間のことをいいます。

ですので、8月13日から16日までの時期は、特に海に入るのは避けた方がいいですね。

 

お盆は先祖の霊が帰ってくる時期だと言われています。

地域によっては、お盆は帰ってきた先祖の霊は海に帰っていく

言い伝えられている場所もあるらしいです。

 

お盆はご先祖様や故人を敬い、供養をともにするという時期なので、

「そんな時に自宅を離れて遊びに出かけるのはどうなのか」という考えが

大きく影響したためだと言われています。

日本はご先祖様の存在を大切にしている国なので、

古くからの風習を大切にしないといけないという考えの人が多いのだと思います。

 

また、ちょうどお盆の時期は水難事故が多発すると言われています。

霊が足を引っ張られてしまったかのように、

流れに飲みこまれてしまうこともあるのだそうです。

浅い海でも起こりうることです。

これは怖いですね。

夏の水難事故はニュース多いですもんね。

 

お盆期間中の水難事故にまつわる言い伝えは、迷信という話もあります。

気にしない人で海に入っている人もいるかと思いますが、

どんな時期にしろ海に入る時は注意してはいってくださいね。

 

他には、お盆を境にしてクラゲが大量発生します。

クラゲの種類によっては毒を持っていることがあるので、刺されたら大変です。

私も知り合いから、クラゲにさされたと聞いたことが何度もあります。

被害にあう方も多いようです。そして、さされると痛い。

楽しく遊びに行ったのに痛い思いするのは嫌ですね。

 

そして、海水の温度にも変化があらわれます。

お盆の時期あたりから、海水の温度も低下します。

低下すると、体調を壊してしまいます。

風邪をひいてしまうこともあれば、海に入っている間に

突然心臓麻痺や筋肉の痙攣などを起こして、溺れる危険性もあります。

くれぐれもこの時期に海に入る時は気を付けましょう。

お盆期間中の海や砂浜での水難事故が起こる理由とは?

 

お盆期間中は、水難事故が多いです。

お盆期間中は、水の中に引きずり込まれるなどの迷信めいた部分もありますが、

実際は、お盆の時期から海が荒れる傾向にあるんです。

特に土用波と言われる大きな波が発生して、水難事故につながるケースが多いのです。

 

また、お盆の時期は台風がくる時期でもあります。

台風がくると、海の荒れます。

また、離岸流という海岸から沖に向かってできる流れも発生しやすくなります。

離岸流に巻き込まれて水難事故となるケースも多いのです。

 

海水温の低下も、原因の1つとしてあります。

海水温は毎年お盆の時期から下がっていきます。

海水温が下がると海で遊んでいる人間の体温も奪われ、運動機能も低下します。

そのため、水に溺れる危険も高くなってしまいます。

足がつったり心臓麻痺を起こしてしまう危険性も高くなりますので、

水難事故につながる可能性が出てくるということです。

 

そして、お盆はクラゲが発生する時期でもあります。

クラゲに刺されても死ぬほどの毒性はありませんが、

刺されたことの痛みでパニックになって心臓麻痺を起こしたり、

パニックで溺れたりして水難事故にあうこともあります。

 

これらの理由が、お盆期間中の海や砂浜での水難事故が起こる理由としてあります。

お盆中海に入ってはいけない期間!砂浜でも水難事故が多い理由とは?

お盆期間中の海や砂浜で安全に遊ぶ為に注意すべき事とは?

 

せっかくのお盆休みに海に出かけて、泳ぎはしなくても

砂浜で遊んだり、釣りをしたりなどの楽しみを味わうひともいますよね。

でも、もちろん、安全面も気になると思います。

せっかく海にいくのなら安全面に気を付けて楽しく遊びたいですよね。

 

海や砂浜で遊ぶときの気を付けることは、まず、海辺の状態をみてください。

天候ももちろんですが、海が荒れてないか、風の状態はどうかをみてください。

海では、波がいったりきたりします。

 

私も経験がありますが、さっきまでは穏やかな波だったのに急に強い波が押し寄せてきて、

流されそうになったこともあります。

そのように海は油断していると大波に流されたりするので、

必ず海の状態を直前に観察してください。

 

泳ぎに自信がない人は、砂浜で遊んでください。

しかし、砂浜も波が急にくることもありますので、海に入るぎりぎりで遊ぶ方は

波の様子を見ながら遊ぶようにしてくださいね。

 

海に入る時は子どもだけで泳がせることはないと思いますが、

砂浜ではそばにいるからといって、子供達だけで遊ばせている方もいらっしゃいます。

しかし、先ほども述べたようにいつ波が押し寄せてくるかもわかりませんので、

海の中でも砂浜でも、とにかく海の近くでは、

子どもだけでは遊ばせないようにしてください。

 

もちろん大人も、気を付ける必要があります。

海の中で足がつったり、溺れるようなことがあるとパニックになってしまうこともあります。

なので、海に入る前にはしっかりと準備運動をしてください。

 

準備運動には、足がつったり筋肉が痙攣したりするのを防ぐ働きがあります。

大事なことですので、きちんと準備運動してくださいね。

泳ぐ前の準備運動は、ストレッチをベースにやるのが基本です。

身体をしっかりと前後にのばしたり、

アキレス腱やふくらはぎの筋肉をしっかりと伸ばす屈伸運動も必要です。

両手首、足首をぷらぷらさせる運動も怪我の防止になります。

 

準備運動の他には、熱中症対策も必要です。

夏は年々温暖化の影響で暑くなってきています。

炎天下の海では熱中症にかかりやすいです。

汗もかきますので、こまめに水分補給をおこなってください。

 

海はいつ波もどうなるかわかりませんので、

ライフジャケットや腕浮き輪などをはめて海で遊ぶのもおすすめします。

もしものときは水に浮かびますので役立ちますね。

 

お盆に海に入ってはいけない期間:まとめ

 

水難事故は毎年どこかで起こっています。

お盆の時期でなくても水難事故はおきるものです。

小さなお子様から大人までと年齢もバラバラです。

海や砂浜で遊ぶときは上記で述べたように注意すべきことを意識して遊ぶようにしてください。

そして、海にいく時は、ぜひ安全面に気を付けていってください。

泳いだり遊んだりする時期を見極めて、安全に過ごしてくださいね。

楽しい時期を過ごせますように。

 

プールの筋肉痛の治し方!首や肩などへの対策!今後ならないには?

プールの肌荒れ対策!治る?こどもにはどうする?

プールを子供が嫌がる時の対策!自宅でできること!我が子の場合

水泳関連の記事として、こちらもご覧ください↑

 

コメント