お盆のきゅうりやなすの名前は何?置物の由来と処分方法について

お盆のきゅうりやなすの名前は何?置物の由来と処分方法についてお盆
スポンサーリンク

お盆が近づくと、ご先祖様をお迎えする準備をします。

精霊棚を飾るお家も少なくなりましたが、きゅうりやなすを使った置物は簡単にできます。

今回は、この置物の名前や意味をお伝えし、合わせて片付けの方法もご紹介します。

スポンサーリンク

お盆の置物のきゅうりやなすの名前は精霊馬・意味や由来は?

 

お盆の置物のきゅうりやなすは「精霊馬(しょうりょううま)」と言います。

きゅうりを「馬」に、なすを「牛」に見立てます。

馬と牛のセットで「精霊馬」です。

地域によっては、「精霊馬」と「精霊牛」と別々に呼ぶこともあります。

 

お盆のきゅうりとなす「精霊馬」の由来は?

お盆にはご先祖様が、家に帰ってくると言われています。

帰ってくる時には、少しでも早く帰ってくることができるように「馬」に乗って、

そして、あの世に戻る時には、ゆっくりと向かうように「牛」

に乗って戻ると伝えられています。

 

地域によっては、あの世に向かうときにも「馬」に乗り、

牛にはお供え物をのせるというところもあります。

どうして、馬と牛なのか?

 

日本では、農作業や荷物を運ぶ時に、馬や牛を利用していました。

平安時代は牛車(ぎっしゃ)を貴族が使用し、武家社会では馬が乗り物として利用されます。

その頃から、庶民の間では馬や牛は農耕や荷役に欠かせないものであり財産でした。

財産であると同時に、最も身近な存在でした。

 

民衆にとって、ご先祖様の乗り物が馬や牛ということはとても自然なことです。

そして、ご先祖様を大切に思っているので、乗り物を準備してお帰りを待つ心を表しています。

 

どうして「きゅうり」と「なす」なの?

では、どうして精霊馬は「きゅうり」と「なす」でしょうか?

今でも、ワラで精霊馬を作る地域もあります。

よく言われているのが、身近な材料ということです。

「きゅうり」や「なす」は夏が旬の野菜です。

 

現在、お店で販売されている「きゅうり」や「なす」は

まっすぐなものがほとんどで、傷もありません。

これは、農家の方が商品作物として生産されているからで、

実際の畑では曲がったものも多くあります。

 

本来の精霊馬は曲がった「きゅうり」や「なす」で作られていました。

そして、精霊棚に飾るので、食用になる前の小さいものでした。

このようなことから精霊馬は、自家用の野菜から作ったことが始まりだと言われています。

 

また、精霊棚には「水の子」を飾る地域もあります。

この「水の子」は「きゅうり」や「なす」を

賽の目(さいのめ:さいころ状)に刻んだものと洗ったコメを混ぜて作ります。

 

「水の子」は、あの世で飢えに苦しんで乾いた喉に、少しでも楽に通るようにと準備します。

ここでも「きゅうり」と「なす」を使います。

「きゅうり」と「なす」は、昔からお盆には

欠かせない野菜だったから、精霊馬にも使われたと想像できます。

「きゅうり」と「なす」と「精霊馬」を考察する

 

ここまで、精霊馬の由来についてお話してきました。

でも、あまりにもざっくりとした話です。

そこで、もう少し視点を変えて、「きゅうり」と「なす」と

「精霊馬」について考えてみたいと思います。

 

精霊馬と「きゅうり」のこと

「きゅうり」が日本に伝わったのは、6世紀から10世紀ごろ中国からやってきました。

当時のきゅうりは黄色に完熟させてから食べていました。

その後もきゅうりはあまり人気がありませんでしたが、

幕末に品種改良され、成長が速く歯ごたえや

味の良いきゅうりができたことで、人気がでました。

 

また、きゅうりといえばカッパです。

江戸時代には水の神様のカッパのお供え物として、

きゅうりの初物を川に流す習慣がありました。

カッパの伝説は日本各地にあります。

ということは、きゅうりは江戸時代には、日本各地で生産されていたと想像できます。

 

精霊馬と「なす」のこと

なすは、4世紀から6世紀に中国から伝わったとされています。

平安時代の書物には、なすの栽培の方法が紹介されています。

ところが、なすが栽培されていたのは西日本が中心でした。

これを証明するのが、「一富士・二鷹・三茄子」です。

「一富士・二鷹・三茄子」は初夢に見ると縁起の良いものとされています。

 

この縁起の良いものは、徳川家康が好んだものという説があります。

富士山と鷹狩、初物のなすを好んだという説です。

実は、徳川家康はなすが好きで、関東に広めたといわれています。

 

ところが、関東で生産されるようになっても値段が高くて売れませんでした。

困った商人が「なす」は「事を成す」

縁起の良い野菜として売り出して人気が出たと言われています。

 

「一富士・二鷹・三茄子」の由来は諸説あり、富士山の形が末広がりで子孫繁栄、

鷹は高く上がることから運気上昇、なすは事を成す

又は毛が無いから怪我が無いというものもあります。

いずれにしても、江戸時代には日本各地で生産され、また地域に合った品種があります。

また、調理方法も多彩で、庶民に愛された野菜です。

 

「精霊馬」のこと

精霊馬についても、お伝えした通りです。

ここからは個人的な考えですが、精霊馬に馬と牛が使われたのは、

宗教的な意味合いがあるのではないかと思うのです。

 

日本では、八百万の神々が存在し、森羅万象に神は宿ると考えられています。

そして、人が亡くなると手厚く葬ります。

もちろん、飼っていた動物が亡くなると供養します。

 

でも、針供養とか筆供養とかに比べると、行事としても定着が少ない気がするのです。

針供養や筆供養は、日にちが決まっていて、

「日頃使っている道具に感謝し、今後の上達を願う」として、

供養の方法も明確で盛大に行われます。

 

それに比べると、農耕や荷役に欠かせない馬や牛の供養が少ないように感じます。

そこで思ったのが、お盆の間は人が仕事を休むので、馬や牛も休めます。

ご先祖様をお迎えするところに、馬や牛を見立てたものを

飾るということは、ともに供養しているのではないのか?

 

馬や牛にご先祖様を送迎する大役を任せることは、

お盆の期間中は神聖なものとして、祀っているのではないのだろうか?

馬や牛に対して、「いつもご苦労様、ありがとう」の気持ちの表れではないかと思うのです。

一方、きゅうりもなすも江戸時代には日本各地で生産されていた野菜です。

そして、きゅうりもなすも地面に接することなく実る野菜で、

土から掘り起こさないで収穫することができます。

この「清浄感」も精霊馬に使われる大切な要素だと思います。

 

お盆のきゅうりは馬・なすは牛を表す!正しい置き方と処分法を解説

 

お盆のきゅうりは馬を、なすは牛を表すことをご説明しました。

では、作り方をご紹介します。

 

精霊馬の作り方

お盆前になると、特設コーナーに「精霊馬セット」が販売されていることもあります。

もしなければ、きゅうりとなす、麻がら(おがら)をご準備ください。

麻がら(おがら)は、迎え火を焚く時や、精霊棚を作る時に使用します。

麻がらが手に入らない時には、割箸を使ってください。

麻がらを切って、それぞれの足を作ります。

馬の方の足が牛よりも長くなるようにしましょう。

きゅうりやなすに足をさして完成です。

 

精霊馬の置き方と片付けの方法

お盆は地域によって7月と8月に分かれています。

どちらでも、13日の夕方に迎え火を焚きますので、13日の朝に精霊棚に飾ります。

精霊棚の設置が無理な時には、簡単な盆棚を作りましょう。

仏壇の前に経机か小さな机を準備します。

 

できれば位牌を置きますが、無理な時には精霊馬とお供え物だけをのせます。

いつもより、少しお盆用のスペースができればOKです。

きゅうりの馬は内向きに、なすの牛は外向きに飾ります。

送り火の時には、きゅうりの馬の向きをかえて外向きにします。

お盆が終わると片づけます。

川や海に流したり、土に埋めることが現代では不可能です。

したがって、精霊棚に飾ったものと一緒に片づけることになります。

 

両手で丁寧に棚からおろし、準備しておいた半紙にくるんで自治体の区分に従って片づけます。

半紙がない時には、キッチンペーパーなど白い紙をご使用ください。

感謝の気持ちで、作業を粛々と進めましょう。

仏教の行事ですので、塩で清める必要ありません。

清めるという行為は神式の考えですが、気になる方は、お清めください。

 

お盆のきゅうりとなすの置物:まとめ

 

お盆のきゅうりは馬、なすは牛に見立てた精霊馬です。

精霊馬はそれぞれのお盆の13日の朝に精霊棚に馬は内向き、牛は外向きに飾ります。

送り火の時には、馬も外向きに飾ります。

お盆は、ご先祖様をお迎えする大切な行事です。できることを、少しでも続けましょう。

お盆関連の記事として、こちらもご覧ください↓

お盆の落雁いつまで飾る?おいしく頂く方法&お供物・お飾りの意味!

「お盆に海行くと足を引っ張られる!?」は迷信?それとも…?

 

 

コメント