医療事務は資格なしでも働ける?難しい?面接や志望動機は?

医療事務は資格なしでも働ける?難しい?面接や志望動機は?病院・医療関係
スポンサーリンク

女性に人気の職業に、医療事務があります。

医療事務の仕事内容とは代表的なものをいうと、診察の受付、会計、診療報酬請求です。

それ以外にも、カルテの整理、電話応対、予約管理、患者のクレーム対応、院内資料作成、簡単な検査、器械の洗浄、消毒、掃除といろいろなものがあります。

特に個人医院などはその他の雑務もしたりします。

医療事務は社会的にとても求められていて、重要な役割を果たしている仕事です。

多くの医療機関からたくさんの求人が出されています。

 

病院では、医療費を算定することは大切な業務であり、医療事務の役目となっています。

やりがいのある仕事なので長く続けることができるのではないでしょうか。

また、医師や看護師のサポートをすることで、自分の立場が重要だと実感できるはずです。また、患者さんとの関わり合いも大切な仕事の一つです。

 

基本的には医療機関には医療事務が必要になってきます。ということは、全国に就職先があるということですよね。

例えば、今勤めている病院を辞めて引っ越したとしても、新しい引っ越し先でも就職先は見つけられるということです。

また、一度やめて働かない時期があるとしても、比較的復帰がしやすい仕事なので、経験があるならば再就職も容易に行うことができます。

結婚、出産をしたあとも家族の都合に合わせて、フルタイムで仕事をするだけではなくて、

パートタイマーや派遣スタッフとしての勤務形態を選ぶことができる点も人気の理由の一つになっています。

また、学歴や経験を問わずに医療事務を目指せるのも人気の理由となっています。

TVなどのCMでよく聞く“ニチイ”や“ユーキャン”などが医療事務の資格を取得する講座ですね。

 

私も以前、医療事務をしていたことがあります。しかし、病院に勤めてはいたけれど「医療事務」いうような資格は持っていませんでした。

資格はなくても、来院した患者さんの診察を受付していました。初めての患者さんであれば必ず、

再来の患者さんであっても定期的に「保険証」を提示してもらい、医療保険の資格を確認します。

初めての患者さんには病気の症状や、その他の病歴、お薬の服用歴などを聞きカルテを作成していました。

受付を済ませ順番がきたら患者さんを呼びに行き診察室へ案内する、

診察が終われば会計をし、お薬の処方箋を出すという一連の流れをこなしていました。

私の勤めていた病院はお年寄りが多く、耳が遠い方も少なくありませんでした。

中には、毎日会話を楽しみに受診されている人もいたので

話し相手をして自分のおじいちゃん、おばあちゃんのような感じでしたよ(^^)

 

私の経験からすると医療事務って資格がなくても病院の事務はできるってことですよね?

じゃあなぜ、医療事務という資格が要るのでしょうか?

医療事務は資格なしでも働けるのか、難しいのか、面接や志望動機はどうすれば良いのか、などについて私の経験からご紹介します。

スポンサーリンク

医療事務は資格なしでも働ける?なしだと難しい?

 

一般的に「医療事務」と呼ばれていますが、

医療現場の事務に関する資格ということで、その種類は一つではありません。

また、医療事務は国家資格ではなく民間資格となります。

そのため、医療事務関連の求人の条件として資格必須とは殆ど書いてありません

医療事務資格には多くの種類がありますが、代表的な資格は以下の4つです。

 

医療事務技能審査試験

医療機関での受付業務や診療報酬請求事務業務のスキルを問う試験です。

試験は毎月実施されています。勉強に必要な期間は、通信講座の場合3ヵ月~6ヵ月程度です。

 

医療事務管理士

医療事務管理士技能認定試験は2ヵ月ごとに試験が実施されています。

合格率は約50%です。

勉強に必要な期間は、通信講座の場合5ヵ月程度です。

 

診療報酬請求事務能力認定試験

合格率は約30%で、医療事務資格では最難関と言われています。

厚生労働省が唯一認定している、

公益財団法人 日本医療保険事務協会主催の資格試験です。

 

医療事務認定実務者

2016年に新設された資格試験で、毎月実施されています。

合格率は約60~80%と、比較的取得しやすい資格です。

診療報酬請求事務を重点的に学習する他の3資格とは異なり、

接遇・マナーなど、受付業務に必要な知識を重点的に学習します。

 

実際に資格なしで働いていた私も全く何も知らず、わからずで仕事をはじめました。

しかし!出来るんです。毎日、患者さんに受付で聞く症状、治療の仕方、病名。

自然に目と耳と体で覚えていきます。それに最近はパソコンが操作できさえすれば、

難しい病名も診療報酬用のパソコンにはすでに登録されているし、

入力間違いさえなければ何も問題ありません。

 

ただ、それは就職してしまえばの話ですね。

資格が必要かどうかなのは就職試験の面接なのでは?

医療事務の仕事、資格なしの場合の面接対策

 

再就職の場合、重要なのは実務経験ではないでしょうか。求人を出すほうも

即戦力が欲しいはずです。同じ科で働いた経験があれば有力でしょう。

開院したての若いドクターなんかは他の医院のやり方も

参考にしたりするのではないでしょうか?

 

診療科が違っても、受付の経験などがあればやっぱり強いです。

たとえブランクがあったとしても、

全く初めての人よりは採用される確率が高いと思います。

 

未経験の人はそれまでの社会経験もありますし、

転々と仕事を変えていない限りは前職はほぼ関係ないと思います。

どちらにしても、一番に大事なのは“ここで働きたい!”

という意気込みを伝えることではないでしょうか。

 

それと最も重要視するのが、

やはり既存のスタッフとうまくやれそうかどうかだと思います。

女性が多い環境にありますから、どうしても気の合わない人はいるかと思います。

面接ではとりあえず、うまくやっていけそうな人当りのいい感じに思わせることですね。

医療事務は資格なしでも働ける?難しい?面接や志望動機は?

 

医療事務の仕事、資格なしの場合の志望動機

 

資格がなく、医療事務の仕事の面接を受けようとするときに大事なことは

経験者である場合は、前職でやってきた仕事内容をしっかりと伝えることです。

医療事務の仕事でどんなことを大切に働いてきたか、

どんなことを得意としてきたかなど、実績や資格を正確に書きましょう。

そしてその経験をここで活かしたいという

気持ちをしっかり伝えることが大切です。

 

未経験者の人は、前職で得たコミュニケーション力と事務職に必要なパソコン

操作ができることをアピールすることで、

未経験でも対応できるということを伝えるといいでしょう。

別業種であっても、その中で培った経験や実績を伝えることで医療の現場にも

活かせるという印象づけができるはずです。

 

また医療事務では事務処理のスピードだけではなく、患者さんを思いやるという

気持ちを付け加えると良いでしょう。

 

医療事務資格なしでも働ける?面接や志望動機は?:まとめ

 

医療事務に資格はいらないとか、

資格を取っても役に立たないとかは特に関係ないと思います。

持っていれば、未経験で就職したときにある程度の

知識を持っているので業務に入りやすいと思います。

しかし、持っていないからといって業務ができないわけではありません。

大事なのは、仕事に対する姿勢ではないでしょうか。

 

私が働いていたのは、個人医院でした。

自宅が病院と併設していたため

病院の事務仕事以外にもいろいろと雑用もしましたよ~(^^;)

特に掃除には厳しかったです。自宅の掃除もさせられたりしていました。

 

え?これって何で私がやるの?みたいな事も。

そのためか、スタッフ同士はみんな仲良く

(それほど人数が多くなかったこともありますが)していましたね。

でも、こういう経験をしたからこそ、現在も掃除は好きでまめにやってますよ。

 

コメント