友達が少ないメリットとデメリットを解説!

友達が少ないメリットとデメリットを解説!人間関係
スポンサーリンク

小学生のとき、「友達をたくさん作ろう」と様々なことが学校で行われていた記憶があります。

友達がたくさんいると様々な意見が聞けたり、いろんな経験ができるため、

人格形成に良いという理由でもあったと思います。

最近はSNSなどもあり、多くの人と繋がることができる環境にあります。

 

でも、友達って多ければいいのでしょうか。

それによって辛くなった経験もあるのではないでしょうか?

 

「人付き合いに疲れてしまった」と思ったら、一度、人間関係を考えてみるのはいかがでしょうか?

友達が少ないことのメリットとデメリットなどについて、まとめました。

スポンサーリンク

友達が少ないことのメリット

 

友達が少ないメリットは、一人で行動できるようになることです。

友達が多い人にとってはメリットには思えないでしょうが、

集団で行動していていては、自分が行きたい場所に行けないことがあります。

 

学生の頃はみんながほぼ同じスケジュールで行動しているので、合わせやすいのですが、

大人になってからだと、予定を合わせたり、好みに合わせたりしていては行動が制限されることがどうしても出てきます。

予期せぬ仕事が入ることもあり、迷惑をかける恐れもあります。

 

一人で行動できるようになると、行動範囲が広がってきます。

そのうち、初めて訪れた場所や店でも周りの人やお店の人と会話ができるようになり、

初対面の人と会話ができるようスキルも身についたりします。

 

また、友達が多くなるとどうしても人間関係によるストレスが出てきます。

友達が少ない場合、気の合う友達ばかりであることが多く、

気心の知れた友達と楽しく時間を過ごすのはストレス解消にもなります。

 

友達が少ないことのデメリット

 

友達が少ないことのデメリットとしては、

「付き合いにくい友達」や「嫌いな友達」がいないため、

そういう人たちとの付き合い方が上達しません。

 

友達が多いと、「苦手な人」への対応力がつきます。

また、多くの人と付き合うなかでは「ルール」があり、

それを自然に身につけることができるのは、強みだと思います。

 

友達が多いと、その友達がさらに新しい人とのつながりをもたらしてくれるので、

コミュニティの多様性という点でも良いと思います。

友達が少ないと、どうしても人との繋がりの面では制限が出てきてしまいます。

普段はそれで良くても、いざという時(就活時など、人脈を作りたい時)に不利になってしまいます。

 

また、防犯上の観点からも、旅行などをする場合は人数が多い方が良いです。

特に海外旅行なんかは、慣れないうちは友達と行く方が良いと思います。

 

なによりも、たくさんの友達とワイワイやるのは楽しいです。

楽しみや喜びを共有できるとその楽しさは増強されていくものです。

友達は少ない方が良いのか、多い方が良いのか?

 

かくいう私は、一般からいうと友達が多いわけではありません。

というより、いつも友達と連絡を取り合っているわけではありませんし、

休みのたびに友達と会う、出かけるということもありません。

友達は皆、私の筆不精な性格を分かった上で、友達でいてくれます。

 

私自身は今のままで(友達が少ないままで)良いと思っています。

というより、私は友達関係を持続させるために

常に連絡を取ったり、イベントを企画したり、ということができません。

 

人間関係で悩むことは社会人であれば往々にしてありますが、

それを友達間でやる必要はないと思っています。

「自分だけの時間」が必要なタイプで、突然人付き合いが悪くなることもあります。

 

一方で、もしあなたが、連絡を取り合ったり

イベントを企画することが好きな人であるなら、

多少付き合いにくい人がいても友達が多い方が良いです。

周りに人が多いことが、自分にとって元気につながっていく人もいます。

そういう人にとって、友達が少ない状況は危険でもあります。

友達を作りたいと思っている人は、こちらを参考にしてくださいね↓

 

なお、友達がいないと「どこにも行けない」、

「何もできない」っていうのはあまり良いとは思えません。

そんなのは学生までと思ってください。

社会人にもなって、「一人では何もできない」というのはあまり通用しません

 

ところで、「友達が多い方がいいのか少ない方がいいのか」って

考えてしまう時は、友達関係が自分にとって「ちょうどいい」状況ではない時です。

見直した方がいいタイミングだと思います。

 

人間関係で疲れきってしまい、連絡を取ったり、

会ったりするのがしんどいなら、断ったって良いのです。

「断ったら仲間はずれにされるから断れない」、という人がいますが、

あなたがしんどい段階でその友達関係は問題がありますし、

気づいていないだけで、もうすでに「仲間はずれ」にされているから

しんどくなっている可能性だってあります。

 

そして、友達を少なくするとか、友達を増やすように努力するなどの、

何かしら行動することも良いですが、

「何もしない」ということも良いのではないかと思います。

 

ライフステージの変化に合わせて、友達付き合いは変わります。

なら、頑張って変えなくても良いです。

どうせ、そのうち「成るように成る」で変わっていくのです。

 

友達が少ないことのメリットとデメリット:おわりに

 

友達が少ないことのメリットとして、人間関係の煩わしさがないとか、

友達づきあいでお金を消費しない、一人の時間が増えるなどが挙げられます。

もし、これらに魅力を感じたなら友達を減らした方がいいです。

 

誰も、「自分と付き合うことが煩わしい」、「自分と遊ぶことがお金と時間の無駄」と思うような人と友達でいたくはありません。

相手にとっても失礼なので、是非とも友人関係を見直してください。

友達を作りたいと思っているあなたは、こちらを参考にしてくださいね↓

 

 

コメント