ITS(関東ITソフトウェア 健康保険組合)の使い方大全 ~旅行で初めて利用してみて~

ITS健保イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク

対象読者

  • 会社がITS加入してるのは知ってたけど使ってなかったあなた
  • いざ旅行に行こうとして、「ITSてあったなぁ」となったあなた
  • ITS加入済みの会社に入ったあなた
  • あなた

記事にした目的

この記事を読んでる方は、恐らくITS(関東ITソフトウェア 健康保険組合=IT健保)のメリットを今まで享受していなかったので、「なんか損してる?」とほんのり感じていたのではないかと思います。
かく言う私がその人でした。
前職でITSに入っていたのですが、転職してもITSに入っていて、「あれ、これ使わないのってもったいない?」と思ったりしてました。
そこで今回旅行に行くにあたり、ITS(https://www.its-kenpo.or.jp/index.html)を利用してみて、数万円単位で得をしたので、記事にまとめようと思います。

ただ、いかんせん使い方がよく分からず、利用のために無駄な時間がかかってしまったので、「使い方」に焦点をあてて記事をまとめようと思います。

スポンサーリンク

ITSのメリットって何?

ざっくりメリットをまとめると以下です。

      1. 通常の保険と同様以上の役割(なにか起きた時に、保証金の割合が高いらしい!保険料率が高いというらしい)
      2. ITSの特別給付があるらしい(育児給付など)
      3. 最後、今回自分が利用した保養施設(ホテル、レストラン、スポーツクラブ、ジム)や提携施設が安く使える1,2は今回利用していないので、この記事では3について書きます。
        3で、今回の旅費がどのくらい安くなったかというと、二人合わせて1万2千円。3万2千円の旅費が2万円になりました。ほぼ40%offでした。

      前値段

      後値段       

ざっくりITSの使い方

  1. 行きたい宿がITSサイト(https://www.its-kenpo.or.jp/shisetsu/hoyou/index.html)にあるか検索してみる(「ITS 宿名」で検索すれば見つかりそうですかね)。もしくはITSサイトの中から行きたい宿を決める。
    ITS健保
  2. 行きたい宿が決まったら、ITSサイト経由でサイト(https://www.laforet.co.jp/member/ITS/index.html)に飛びます。(今回は私が泊まったラフォーレ倶楽部を例にとります。)
    ラフォーレ倶楽部
  3. 飛んだサイト内で、どの宿か、プランかを選択して、予約を行います。
    その際、法人会員番号などを入力する欄があるので、上記画像のNo.とパスワードを入力します。
    検索前値段
    ↑今見たら更に安くなってますね。時期ですかね(号泣)
  4. 予約が完了したら、あと一歩です。ここ注意しないと、宿着いてから気づくとかありえそうです。
    ITS側へ、行きますよと申請をします。
    (こちらから→https://as.its-kenpo.or.jp/service_category/index
    下記画像の、該当箇所(今回はラフォーレ倶楽部)をクリックして、申請ページを飛びます。
    申請前前
    申請前ページ
  5. 申請が完了したら、後は当日保険証を持って、宿へ行けば(今回で言えば)通常の約4割引きで宿泊できます
スポンサーリンク

まとめ・補足

今回はITSの旅行における使い方を実例から、説明してみました。
ただ、実際にはもっと多様に使い方があり、保養施設の提携の仕方によっては補助金の申請を行い後で返金を受けるような形や、ITSが提携している旅行会社経由で安価になった旅行パックに申請を行ったりもできるようです。
使ってないことはなんとも言えないので、機会があればまたITSを使ってみて、紹介したいなと思います!

蛇足

完全に蛇足です。
今回行ったのは箱根強羅だったのですが、強羅駅の(いい意味で)癖のある駅員さんにおすすめを聞いてみたところ「餃子センター」という餃子屋さんを薦められたので、行ってみました。
穴場感もあり、雰囲気も良く、安いし量は多いし、白菜を使った餃子でものすごくおいしかったので、もし行く方は是非!(肌の黒めなマスクの小さいおじさん駅員さんにも、話しかけてみてください。笑)

彫刻の森美術館と強羅駅の間にあり、どちらも歩いていける距離です。是非~~!

コメント