アドセンスの申請に通過するには?2つのブログを通過させた僕が行ったこと!

グーグルブログ活動
この記事は約4分で読めます。

みなさんこんにちは。takatoです!僕はブログを2つ運営しており、このブログと個人活動用のブログを定期的に記事投稿しております。そしてどちらのブログも収益化(グーグルアドセンス)出来ました。僕の周りにアドセンスの通過に困っている方がいたので、今回は僕がアドセンスの申請に通過するために行ったことを記事にまとめてみました。アドセンス申請の通過に困っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

文字の一致率を低くする


記事を書く際、文字の一致率を意識しました。文字の一致率とは、記事の文章が他の記事の文章とどの程度一致しているか表す割合のことを指します。なぜ一致率を意識したかというと、グーグルアドセンスのポリシーにオリジナル性の高い記事を好む内容が記載されているからです。グーグル側は良質なブログを高く評価しており、その中でオリジナル性を重視しています。オリジナル性を高めるためには他の記事とは異なる文章で書く必要があり、その指標が文字の一致率になるのです。僕はアドセンスに通過するために一致率の低さを意識しました。

とはいえ文字の一致率を下げることは簡単ではありません。ブログ初心者が書くような内容は既に他のブロガーに書かれています。そのため、ただ書くだけでは一致率はあまり下がらないのです。そこで僕が一致率を下げるために意識したのは、自分の経験を入れることです。自分が経験した内容やそこから感じたことは人それぞれ違うため、それらはオリジナル性が高い傾向が強いのです。なので記事を書く際は自分の経験を文章に入れる意識をしました。

 

記事の一致率を確認するためには、コピペチェックツールを使用しています。このツールは、コピペした文章が他の記事とどの程度一致しているかを教えてくれるツールです。もちろん無料で使用出来ます。記事を公開する前にこのツールを使用して一致率を確認してみてください。僕は一致率が25%以下になってから投稿しました。もし一致率が高い場合は、その要因となっている文字を他の文字に変換したり、文章を追加するなどして一致率を下げました。

プライバシーポリシー、問い合わせページ、サイトマップの作成


次に意識したことは上記の3つを作成することです。今時プライバシーポリシーの無いwebサイトは良質とは認められません。閲覧データの活用方法を記載することで、ユーザーが安心して訪れるサイトになるのです。問い合わせページも同様になければいけません。

この3つを作成する際、一から自分で作成する必要はありません。既に多くのブロガーさんが作成したサンプルを記事にしてくれているので、それをコピペすれば終わります。(少しだけ修正箇所があります)

プライバシーポリシー、問い合わせページ、サイトマップはグローバルメニューに追加してください。これはユーザビリティーとクローラビリティーの2つを高めることが目的です。グローバルメニューにあることで、ユーザーは瞬時に3つのページを見つけることが出来るため、ユーザビリティが高まります。またクローラーがサイトに訪れた際もスムーズに循環出来ます。

カテゴリーを絞る + 5〜10記事ほど書く


グーグルアドセンスに申請する際は、記事のカテゴリーを絞りました。僕が実際に絞ったカテゴリーは、飲食でした。記事のカテゴリーを絞ることで、その内容に特化したサイトと認識されます。狭く深い内容のサイトを仕上げることで、先程のオリジナル性が高まります。

また、記事数は5〜10記事を目安に書きました。記事数はアドセンスの申請にあまり影響しません。記事数が多ければ多いほど申請に通過する訳ではないのです。サイトの質が高ければ、5記事ほどでも申請に通過します。なのでアドセンスの申請に関しては量より質を求めてください。

 

最後に


僕がグーグルアドセンスに申請する際に意識したことは上記の内容です。アドセンスに通過するまでは色々と大変でした。5回くらいは申請し直した覚えがあります。でも上記の内容を意識すれば申請が通過しますので、諦めずに頑張ってみてください!この記事を読んでアドセンスに通った方がいたら幸いです。最後まで見て頂きありがとうございました。

 

コメント