ふきのあく抜きに失敗した時の原因と対処法!重曹は使うべき?

ふきのあく抜きに失敗した時の原因と対処法!重曹は使うべき? 食べ物

ふきは独特の苦みを楽しみますが、苦味も過ぎるとえぐみに感じてしまいます。

あなたはあく抜きに失敗したふきに、困った経験はありませんか?

今回は、ふきのあく抜きに失敗した時の原因と対処法をお伝えします。

合わせて、正しいふきのあく抜きの方法もご紹介します。

スポンサードリンク

ふきのあく抜きに失敗した時の対処法

 

ふきのあく抜きに失敗したかなって気付くタイミングは、皮をむく時です。

ふきが生っぽくて、皮をむく時に筋がパキンパキンしていると

「ヤバい!茹でるのが短すぎた?」って気が付きます。

そんな時は、速攻で茹で直します

そして、しっかりと水にさらします

 

その次にふきのあく抜きに失敗したと気が付くタイミングが、食べた時。

「あー、春の味って感じ。苦味を通り越してエグミだねぇ」と風流を気取ってみてもツライ味。

我が家では、もう一度煮直します

味付けを濃くするより、ダシの味を濃くして煮ます

もしそれでも苦い時は、無駄な抵抗をやめて食べきります。

折角の食べ物を粗末にすることは、できません。

ふきのあく抜きに失敗した時の原因と対処法!重曹は使うべき?

 

あく抜きに失敗した原因

 

ふきのあく抜きに失敗した原因は、やっぱり茹で方が足りなかったことです。

そして、茹で上がってから水にさらす時間が短すぎたことも原因です。

もう一つ、田舎暮らしの私から言えることは、野生のふきは元々あくが強いです。

茹ですぎても、水にさらしまくっても苦味は残ります。

 

だから、子どもは買ったふきは食べますが、採ったふきは食べません。

これって、生きる知恵です。

また、栽培されたふきでも収穫してから時間の経ったふきは、アクが強いように思います。

田舎暮らしをしていると、ふきは採って食べるものなので、買って食べる時は水煮を買います。

やっぱり、買ったふきであく抜きを失敗したくないのと、手抜きです。

 

今後のために:ふきの正しいあく抜きの方法

 

ふきの正しいあく抜きの方法は、最初に塩でふきを板ずりすることです。

ふき1束に、塩を大さじ山盛り1杯分かけて、まな板の上でしっかりゴロゴロします。

それから、たっぷりのお湯でゆでます。

結構たっぷりのお湯がポイントだと思っています。

茹で時間は、ふきが太い時は5分、細い時は3分くらいが目安です。

 

ふきの太い方から、鍋に入れていきましょう。

もちろん、細いものから順番に取り出します。

そして、茹で終えたら水にとります。

焦らないで、しっかり冷めるまでそのままの状態でさらします。

そして冷めてから、皮をむいて調理します。

その後すぐに食べない時には、水につけたままにします。

スポンサードリンク

あく抜きに重曹は使う?

 

ふきのあく抜きは、塩を使うことが多いのですが、

ふきの葉のあく抜きには重曹を使うこともあります。

ふきの葉はふきに比べてあくが強いので、

重曹を使わない場合は2回から3回茹でて水にさらすを繰り返します。

 

ふきのあく抜きに重曹を使うときは、お湯1Lに対して重曹を少々で十分です。

重曹をいれると、ふきが柔らかくなりすぎるからです。

重曹を使用してあく抜きをした時には、冷水でさらす時間を長めにしましょう。

重曹は食品用、掃除用とあると何かと便利なので…ぜひキッチンに常備しておきましょう!

こちらが、私が使用している重曹です↓

 

そもそもあく抜きって必要?

 

ふきに限らず、あくに対して人の味覚は異なります。

あくも味の内と思って食べる方にとっては、

しっかりとあく抜きをしたふきは、もはやふきではないと思います。

また、あくを苦手に感じる人にとって、できるだけ除去したい味なのではないでしょうか。

 

山菜は、食べると体に悪影響を与えるもの以外は、全て味わうものだと思います。

それこそ山菜は「野趣」(やしゅ・自然な素朴な味わい)を味わうものです。

例えば、タケノコでも、全てにエグミがあるわけではありません。

調理の基本の下処理通りにしても、苦痛に感じるほどのエグミが残ることもあります。

 

反対に、下処理をしなくても食べられるタケノコもあります。

詳しい方にきくと、土の性質の違いだと教えてもらいました。

タケノコに関しては、土壌の性質によってタケノコのエグミは変わるのだそうです。

 

だから、ふきもあく抜きが必要な人にとっては、

重曹を使ってでもしっかりと取り去りたい味なのです。

そうではなく、「ふきの苦味は春の味」と思う人にとっては、

ほどよい苦味がないふきは物足りない味になってしまいます。

 

ふきの思い出

 

ふきの下処理をしていると、色々と思い出すことがあります。

ふきの思い出 義父編

若い頃は、鍋に入りきらないふきと格闘しました。

鍋に沿うように輪にしてみたり、大きな鍋を使ったりと頑張りました。

でも、結婚して義父がふきを鍋に入る長さに切っているのを見て、目からウロコでした。

ちなみに、義父はふきが大好きで、春は草刈りのついでにふきを採ってきます。

 

どこかのお店からもらった紙の手提げ袋と鎌を持って草刈りに行き、適当な量のふきを採って帰ってきます。

どうして、適当な量のふきを採ってくるのか?

それは、義父は自分で下処理をするからです。

ふきを茹でて皮をむくまで自分でするので、ふきを一度にたくさん採って帰ると自分が面倒になってしまうからです。

 

そして、皮をむいて水にさらしてあるふきを調理するのは、私の仕事です。

私はずぼらで適当な性格ですが、ふきだけは気合を入れて煮ました。

義父が自分で採ってきたもので、しかも好物。義父の期待値の高さを理解できましたから。

 

ふきの思い出 実家編

結婚前にふきの下処理は実家で手伝っていたので、一応できました。

でも実家ではふきは買うもので、採ったものではありませんでした。

生のふきを買ってきて下処理をするのですが、板ずりをしてから湯をかけてそのまま置いておき、ふきがしんなりした頃に皮をむいていました。

そして、皮をむいたものから水にさらしていきました。

だから、結婚して義父がふきを茹でているのを見た時は、びっくりしてしまいました。

 

「えっ、茹でちゃうの?」しかも、板ずりなし。

ところ変わればを実感しました。

でも、野生のふきはゆでないとあくが残ってしまいます。

食べてみて実感しました。

 

まとめ

 

今回は、ふきのあく抜きについてお伝えしました。

ふきのあく抜きが上手くできなくて煮物が美味しくない時には、煮直すことが最も簡単にリメイクできます。

また、あく抜きは生のふきを塩で板ずりしてから、茹でて皮をむき水にさらします。

自然の恵みに感謝して、季節を味わいましょう。

スポンサードリンク

コメント