大根冷凍してぶよぶよふにゃふにゃになる理由と対策!避けるには?

大根冷凍してぶよぶよふにゃふにゃになる理由と対策!避けるには? 食べ物

寒い日熱々のあったかいおでんの大根、とても美味しいですよね。

これからが旬の大根。スーパーにも新鮮な大根がたくさん並びますよね!

大根は栄養価も高く、これからの季節ついつい暴飲暴食をする機会が多くなりますが、そんな時には大根をおすすめします。

その理由として、大根は消化酵素が含まれているので体にやさしい野菜であると言えるからです。

 

おいしい大根も大きいものだと一度に使いきれなくて残ってしまうことも多いですよね。

大根をそのまま保存しておくと鮮度もおちて食べれなくなってしまいます。そういうことは出来るだけ無くして無駄なく使いきりたいものです。

食材を無駄なく使うために、冷凍して保存をするという人が多くいるのではないでしょうか。

大根を冷凍して使いきりたいけど、食感が変わってしまって残念なことに…。

そこで大根の冷凍について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

大根を冷凍したらぶよぶよふにゃふにゃになった理由

 

他の食材同様、大根を冷凍した経験がある人ならわかると思いますが、

大根を解凍していざ使おうとしたら、ふにゃふにゃな食感になっていてびっくりしたこともあるのではないのでしょうか。

なぜ大根はぶよぶよになってしまったのか、それには理由がありました。

 

それは、大根を冷凍することで大根内部の組織が壊れて水分がなくなってしまう、というものです。

大根は、冷凍することで大根内部の水分が壊れます。その水分が解凍することで抜けてしまうのです。

大根冷凍してぶよぶよふにゃふにゃになる理由と対策!避けるには?

大根の冷凍でぶよぶよふにゃふにゃは、腐っているわけではないの?

 

冷凍した大根がぶよぶよになっているだけで、腐っているわけではありません。

水分が抜けて大根本来のシャキシャキ感がなくなっているだけなのです。

なので、安心して食べても大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

冷凍大根がぶよぶよになった時の対処法!復活できる?

 

冷凍した大根を普通に解凍すると、だいたいのものがぶよぶよふにゃふにゃになってしまいます。

そんな時の対処法をご紹介!!

煮物にする

大根内部の組織が壊れてぶよぶよになってしまった大根は、

残念ながら元の食感には戻らないので、解凍したものを煮物などに使うのがおすすめです。

大根の組織が壊れて味がしみ込みやすくなっているので、煮物などにすると味が驚くほどしみ込みます。

長い時間、煮込まなければならない煮物も直ぐに味がしみ込むので、調理時間の短縮につながります。

 

漬物にする

煮物以外だと、酢漬けや塩漬けなどの漬け物などに使うとよいでしょう。

ふにゃふにゃして切りにくいので上手に形よく切ろうとは思わず、ある程度細かく切ったら塩を振り残りの水分を出してから味を付けると、味がしみ込みやすくなります。

おすすめなので、是非お試しください!

スポンサードリンク

大根を冷凍・解凍してもぶよぶよにならない冷凍方法

 

大根を冷凍する前と同じ状態に戻すことは難しいですが、できるだけぶよぶよにならないように対処することは可能です。

大根内部の組織をなるべく傷つけないようにすることで

ふにゃふにゃぶよぶよにならないようにすることはできるので、試してみる価値はあります。

 

そもそも、冷凍する冷凍速度にも問題があります。

冷凍食品工場などでは、低い温度で一気に『急速冷凍』させるので、野菜を冷凍してもぶよぶよにならないのは、その急速冷凍にある訳ですね。

ですが、家庭の冷凍庫は庫内温度が高く、ゆっくりと食材を冷やすのでどうしても凍結時にふにゃふにゃになってしまいます。

冷凍食品工場のようには急速冷凍出来ませんが、家庭でも気をつけ冷凍できることをいくつかご紹介します。

  • 食品についている水分は、できるだけしっかりと拭きとる。
  • 冷凍効率を上げるために平らな状態にして、ジップロックなどに入れる。
  • 用途別にカットして保存する。
  • 大根に下味をつけておくことで、大根内部の水分が調味料とくっついて水分子の結合弱まり、凍りづらくなります。(大根内部の組織が壊れることを防ぐことができ、劣化予防にもなる)
  • 大根を下茹でしておくと、大根の変色を防ぐことが出来ます。
  • 大根の皮を剥く際に、厚めに剥くといいです。皮の部分は食物繊維が多く、冷凍すると筋っぽくなってしまうので、いつもより少し厚めに剥いた方がおいしく食べることが出来ます。
    スポンサードリンク
  • 空気に触れると乾燥や酸化してしまうことがあるので、なるべく空気に触れさせないことが大事になってきます。できるだけ平らに並べ、ラップでぴったりと包み空気を押し出しましょう。
  • できるだけ急速冷凍したいので、冷凍庫内に金属トレーなどを置きその上に並べたりしましょう。トレーが置けないのであれば、密閉しラップで包んだ上からアルミホイルなどで包み冷凍するのも早く凍らせるのに有効です。
  • 冷凍庫の開閉も庫内の温度を上昇させる原因になり、急速な冷凍が出来なくなってしまうので注意が必要です。

 

大根を冷凍したらぶよぶよふにゃふにゃになった時の理由と対策:まとめ

 

いろいろとこれまで、冷凍についてご紹介しましたが、完全に元に戻すことは出来ませんが、

上手に冷凍することが出来れば、大根を無駄にすることなく一本使うことが出来ます。

無駄をなくすには少し面倒かもしれませんが、ちゃんと手間をかけてあげることで冷凍&解凍した大根でもおいしく食べることが出来ます。

これから旬の大根はあまり値段変動もないのでたくさん買ってしまったり、頂いたりしても上手に使いきれればもったいないが減らせますね!

是非、冷凍大根試してみてください。おすすめです。

スポンサードリンク

コメント