ccクリームだけでもいいの?メイクはこれだけで大丈夫?

ccクリームだけでもいいの?メイクはこれだけで大丈夫? 美容・健康

お化粧で使う、CCクリームってありますよね。日々のメイクをするうえで、とても便利な商品ですよね。

ですが、CCクリームをしたら他にはどんなメイクをしたらいいのか、疑問に感じている方も多いのではないでようか?

CCクリームを使ったメイクのポイントや注意点を紹介させて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

ベースメイクはccクリームだけでもいいのか?

 

ベースメイクはCCクリームのみでも大丈夫なのだろうか?

そもそもCCクリームとは、どのような効果があるのか?そんな疑問にお答えします。

そもそもCCクリームとはどんなものなのでしょうか?

CCクリームとは、化粧の下地と、肌の色素補正をしてくれるものです。

利点としては、厚塗り感がなくてナチュラルだけれども

美肌に見せてくれるような効果が期待できるものになっています。

 

ベースメイクは、CCクリームだけで完了するのでしょうか?

答えはYESです。

CCクリームだけを塗る事で十分に肌のベースは完了しますので、

ベースメイクはCCクリームだけで十分にキレイに出来ます。

 

CCクリームは肌がキレイに見えるだけでなく、美容成分が配合されているものが多いです。

肌をキレイに見せるだけでなく、肌をキレイにしてくれるという素敵な効果もあるのです。

 

ccクリームだけ塗る時のメイク方法

 

CCクリームだけ塗る時のメイク方法を紹介します。

CCクリームを塗るときには、しっかりと毛穴に押し込むように手のひらを使って入れ込んで下さい。

しっかりと塗り込むことで、皮脂汚れで化粧が崩れてしまうのを防止することが出来ます。

ベースをこのようにしっかりと作りこむことで、

夕方になっても化粧崩れのない自然体のお肌でいられることが出来ます。

 

ちなみに本来のベースメイクの塗る順番としては、

化粧水等のスキンケア→CCクリーム→コンシーラー→ファンデーションという順番になります。

スポンサードリンク

ccクリームだけ塗る時のコツ・注意点

 

CCクリームだけを塗るときのコツや注意点についても紹介します。

CCクリームだけを塗るときの注意点として、ナチュラルで

自然な仕上がりに出来るという点から、カバー力が低い時があります。

 

日焼け止めとしての機能が低い

まずは、日焼け止めとしての機能がとても低い時があります。

これは商品によって異なりますので、購入するまえにSPFをしっかりと確認してから購入・使用してください。

UVケアとしては機能していなくて油断していると、日焼けをしてしまうという事態になってしまいます。

日焼け止めと併用してしまうか、日焼け止めを兼ねているしっかりとしたccクリームを使用するのかを考えてみましょう。

 

カバー力が弱い

夏などは、化粧崩れが心配ですよね。CCクリームはナチュラルが売りです。

なので、カバー力はそんなに強くないです。

こまめに肌をチェックして、おしろいを使用する等のケアを行う事は必須であるかと思います。

 

それを面倒だと思う方も少なくはないのはないでしょうか。

カバー力がそんなに強くないので、肌トラブルやしみ等を隠したいときには

CCクリームだけでは不足してしまうケースが多いかと思います。

なので、カバー力が強いものが必要なのか、

ナチュラル美肌がいいのかをじっくりと考えてみる必要があるかと思います。

 

カバー力が低いという事は、肌のトラブルを隠すためにも

コンシーラーを使わなければならないという事になりますよね。

せっかくのナチュラルメイクで美肌に見せる事の出来るCCクリームを使っているのに

コンシーラーを使ってしまう事で、結果的に上塗りしたファンデーションも

コンシーラーを馴らすために厚塗りになってしまいます。

折角のCCクリームを生かすことが出来ないで、

結局マットな仕上がりになってしまいがちなのです。

 

上手にCCクリームを使いこなせている方は少ないのかもしれませんね。

意外とCCクリームを生かしてメイクをするのは難しいのです。

ccクリームだけでもいいの?メイクはこれだけで大丈夫?

化粧はccクリームだけで大丈夫?

 

化粧はCCクリームのみで完結してしまうのでしょうか?

他に何もつけなくてもいいのかを考えてみましょう。

CCクリームはあくまでも化粧下地としてのベースメイクとして

使用するものだというのを忘れてはいけません。

 

下地を付けた後におしろいやチークで整えますよね。

なので、CCクリームのみでは少し弱いのかなと思います。

カバー力は低いので、単体での使用は危険ともいえるかと思います。

 

CCクリームは、ナチュラルメイクで美肌効果があるという魅力があります。

ですが、カバー力や時短の為にこれ1本で済ませたいという方は

BBクリームを使用することをオススメします。

BBクリームはこれ1つだけで完結してしまうという商品ですよね。

 

日焼け止めや下地とリキッドファンデーションのような役割をすべてこなしてくれるので、

高いカバー力が期待できる商品です。

なので、肌のトラブルやシミなども隠せるコンシーラーの役割もしてくれる便利なアイテムなのです。

 

ですが、その仕上がりはマットな肌感になってしまいます。

塗り込んでいて化粧をしている感じが強く出てしまうので、

リキッドファンデーションのような仕上がりが苦手な方には、オススメできない商品ですよね。

 

なので、CCクリームを使ってナチュラルに美肌を見せる事で、

まるでお化粧をしていないような質感で透明感を出したい場合

BBクリームを使って、化粧自体も時短で済ませたいし、

しっかりと肌をカバーしてもらって、1日化粧直しもしないで過ごしたい場合

使い分けたらいいのかと思います。

 

CCクリームもBBクリームも両方とも優れている商品であることには

間違いありませんので、併用してしまうのもいいですよね。

実際CCクリームとBBクリームの両方を一緒に使っている方も多くいるかと思います。

 

私は、その日の天気であったり自分の予定次第で使い分けるのも良いのかなと思います。

今日は暑いからBBクリームにしてしっかりとカバーしてもらおう!とか

今日は涼しいし、デートだからすっきりとCCクリームで整えよう!

とかの用途で分けて、その日その日で使い分けてみるのも良いかなと思います。

 

まとめ

 

CCクリームもBBクリームも、とても便利で女性の味方のアイテムだと思います。

用途によって上手に使い分ける事で、もっと楽しく化粧を気にせずに

1日過ごせるようになるのではないかなと思います。

スポンサードリンク

コメント