彼氏のお父さん・お母さんの呼び方!ご両親に対してこれはNG!

彼氏のお父さん・お母さんの呼び方!ご両親に対してこれはNG!恋愛
スポンサーリンク

彼氏がご両親に彼女のあなたを紹介してくれる状況って、

普通のお付き合いの場合は当然のように起こりますよね。

彼の両親と会うのは緊張しますが、交際を隠していることではないですし

彼の方に全く脈がないわけではない、という証拠でもあります。

ある程度の年齢でしたら今後のこと(結婚とか)も考えて、とのことでしょうし、

ここで失敗したら、彼氏とのお付き合い自体に影響が出てしまう可能性もあります。

 

いくら「当人同士のこと」といっても、やはり相手の親などご家族は気になる存在ですから。

ここでは、彼氏のお父さんやお母さん・両親に会う時のお父さんの呼び方や、「これだけは!」と気をつけるべきことをご紹介します。

スポンサーリンク

彼氏のお父さん・お母さんの呼び方で適切なのは

 

人と初めて会う場合、結構呼び方って気になりますよね。

仕事の場では苗字で呼べばいいのですが、彼氏の両親となるとそうもいきません。

といっても、相手のご両親も含めて結婚が前提である関係ならばまだしも

まだ結婚の「け」の字も無い段階で「お父さん」って呼ぶのも気が引けます。

 

いっそ、「なんてお呼びしたらいいですか?」と訊けたらいいですが、そうはいきませんよね。

こっちは緊張しきりですし、変なふうにとられでもしたら、、、。

 

無難なのが「〇〇(彼の名前)さんのお父さん」「〇〇さんのお母さん」でしょうか。

〇〇「くん」ではなく、「さん」の方がいいのは、しっかりとした印象とともに

彼のことを大切に思っている印象を与えられるからです。

息子のことを大切に思ってくれる人と付き合ってほしいって、向こうの両親は思ってますから。

 

ちなみに、この場合、彼氏のことも〇〇さん」と呼んでいきましょう。

彼のことを愛称で呼ぶのは、ご両親との関係がちゃんと築けてからですよ。

人によってはその日のうちに打ち解けられて、両親の前で彼を愛称で呼んだり、

あまつや彼の両親を下の名前で呼んだりできる場合もありますが、特殊能力だと思ってください。

 

彼氏のお父さん・お母さんの呼び方でNGなのは

 

では、彼氏の父親や母親に対しての呼び方としてNGなのは?というと。

「おじさん」「おばさん」という呼び方については意見がわかれるところです。

使わないほうがいいかもしれません。

「おじちゃん」「おばちゃん」は論外です。

あなたが子供ならまだしも、成人しているなら子供っぽい印象を与えてしまいます。

こうなると今後の交際について、一抹の不安を与えかねません。

彼氏のお父さん・お母さんに会う時に、他に気をつけること

 

彼氏のご両親に会う時に、呼び方以外で気をつけるべきこととして。

例えば、清楚な服装で行くことや化粧も派手すぎない、

必ず手土産を持っていく、なんていうことは基本として

ここでは、言葉遣いや心構えについていくつか述べていきたいと思います。

 

まず、出来たら彼氏さんに両親の写真を見せてもらいましょう

どういう人か印象がわかるので、当日の服装や手土産など、選択しやすくなります。

たとえ彼の両親がラフな人であっても、こちらはきちんとしていきましょうね。

 

言葉遣いですが、丁寧な言葉を使っていきましょう。

とはいえ、学校で習うような謙譲語までマスターする必要はありません。

でも、尊敬語くらいはちゃんと言える方がいいです。

 

尊敬語は「相手を立てる」敬語ですので、「お父さんの行動」を高めます。

例えば、「お父さんが、いらっしゃった」とか「お父さんがおっしゃったこと」などです。

 

難しいのであれば最低限、語尾を丁寧にしましょう。

「〜です」「〜ます」とか。でも、本当に最低限ですよ。

 

ちなみに、謙譲語は、「こちらを下げる」言葉です。

例えば「申し上げます」とか「参ります」とかです。

でも、仕事の場面ならまだしも

息子の彼女から「今日はお招きいただき感謝の言葉を申し上げます。」

なんて言われたら、ちょっと引っかかってしまうかもしれません。

 

さすがに「謙譲語を使われたから」と交際に口を出すなんて人はいないでしょうが、

あとになって「あのときは面白かったね」くらいは言われるかもしれません。

普段から敬語に慣れているならいいですが、

そうでも無い人は「謙譲語」まで頑張らなくていいですよ。

 

付け焼き刃ではすぐにバレるので、

普段より仕事などの公の場では、丁寧な言葉遣いを心がけてください。

 

1番大切なのは、

「あなたの息子さんを大切に思っています」という気持ちが伝わることです。

なので、彼氏のご両親に対するのと同じように、彼にも丁寧な言葉遣いを心がけてください。

いくら2人でいる時にタメ口でも、ですよ。

 

彼氏のお父さんについては、これくらいでいいでしょう。

極論、笑顔を向けていたらなんとかなります。

問題は、お母さんです。むしろ、こっちの攻略が重要なのではないでしょうか。

 

外で会うならいいのですが、お家で会う場合、

お母さんはお茶にお菓子、家の掃除など沢山の準備をして迎えてくれています。

時間によってはご飯の用意もしてくれます。

なのに、それに全く見合わないお嬢さんだった時の失望ときたら、、、。

 

服装やヘアメイクはお母さん好みにやや寄せて、清楚に仕上げます。

媚びはバレます。

手土産は、その日に食べなくてもいいように日持ちのするものを。

お母さんが用意してくれたお菓子をないがしろにするなんて、あってはなりません。

 

お茶やお菓子、ご飯をいただいたら必ず「良い感想」を。

家に凝っている様子がうかがえたら、家も褒めましょう。

準備や片付けなどをする様子が見えたら、手伝いを申し出てください。

 

こう書くと面倒なように思えますが、

例えば大切な友達の家に遊びに行くことを考えたらどうでしょうか。

友達が出してくれたお菓子や料理を褒めませんか?

後片付けをする友達を手伝いませんか?

インテリアが好きな友達だったら部屋を褒めませんか?

 

それは、友達が喜んでくれるからではないですか?

 

「これ美味しー!」「これかわいー!」「私も手伝うよー」を

丁寧な言葉にして、彼氏のお母さんにも伝えてあげてください。

お母さんの努力に対してちゃんと「褒めてくれる」、

「気づいて声をかけてくれる」ことがどれほど嬉しいことか。

 

彼氏のお父さん・お母さんの呼び方:さいごに

 

彼氏の両親に会うのって不安もありますし、緊張しますが、言うなれば「初対面の人」です。

初対面の人が喜んでくれる言葉選びや気遣いを心がけたら大丈夫です。

もし、「上手くいかなかった、、、」と思っても「息子が選んだ人なんだし」と思ってくれますよ。

緊張感を楽しむくらいで、頑張ってください^^

コメント