彼氏を父親に紹介する時のタイミングや注意点!親の立場から助言

彼氏を父親に紹介する時のタイミングや注意点!親の立場から助言恋愛
スポンサーリンク

多くの女性は、10代の時、彼氏=結婚なんて思わなかったですよね。

私も、一つのステータスのように気楽に付き合っていました。

変わり始めるのは、20代後半からでしょうか?

友達との会話でもちょっとずつ結婚の文字がちらつき始め今の彼氏とは、結婚するのか・・

いつかプロポーズされるのか?なんてデートしながら考えたりして

いつの間にか、気楽なんて文字は消えてしまいます。

しかも、いつ親に紹介しよう。

彼氏の事気に入っててくれなっかたらどうしよう。

まして結婚に反対されたらどうしよう。

どのタイミングで父親に紹介したら良いのか、悩みが増えます。

 

ちなみに私は、学生のバイト先で知り合いその後細く長ーくの付き合いでしたので

父親には、彼氏の存在は何となくバレた感じです。

それでも、父親にいざ紹介するとなるとタイミングとポイントが必要でした。思い出したら緊張してきました。

そんな、彼氏を父親に紹介するときのタイミングや話すこと、注意点などをご紹介します。

スポンサーリンク

彼氏を父親に紹介するタイミング

 

紹介するタイミングはプローポーズ前?後?

プロポーズをうけたあとは、彼氏を父親に合わせる事を考えますよね。

そのタイミングはいつが良いのでしょうか?

 

プロポーズの前だと、一番多いのは彼氏と同棲する事になった時で、

二番目は彼氏ができてからすぐのタイミング、彼氏が転勤するタイミング、

家族ぐるみで付き合うため、彼氏と旅行に行く為など何かのきっかけが多いようです。

どちらにしても父親に合わせる前には、父親以外の家族には紹介して

味方になってもらいましょう。周りを固めるのは大切なポイントです。

 

そして、母親など家族の人にわざと父親の前で彼氏の話を持ち込んでもらって

自然の流れとノリで会う約束してしまいましょう。

実際、私の友人が使った手段です。

 

ただ、プロポーズ前に紹介するのは必要ないと思う方もいるでしょう。

長い付き合いになればなるほど、昔から親に会うタイミングもずれてしまいます。

結果としてプローポーズ前に紹介するなら付き合い始めか同棲前がよさそうですね。

 

ちなみに私は、娘に彼氏ができたらすぐに旦那と二人で家に呼ぶつもりです。

娘から言いづらい雰囲気は、つくらないよう今から努力します。まだ、小学生ですが・・

 

次にプロポーズ後だとしたら、一般的にこちらのタイミングの人が多いと思います。

私も母親にはすぐ紹介しましたが、上記でもお話しましたが長い付き合いだったため

逆に父親にはなかな会わせるタイミングがなく、結局プロポーズ後でした。

 

でも、付き合いが長かった事で父親の中でも少しずつ心の準備は出来てたみたいで、

スムーズに挨拶を終えることができました。

結果としてプロポーズ後のポイントは、やはり彼氏にたいしての信頼度です。

例えば付き合って間もなくプローポーズした彼氏と、

付き合い歴が長い彼氏とでは、どちらが信頼しますか?

 

親の目線からは、絶対歴が長い彼氏です。

それなりのお付き合いをしてる人ならば信頼度・安心は増します。

また、大切なのはスピードです。

プロポーズをされたら、すぐにでも父親に会ってもらう約束をしましょう。

しかし、せっかく紹介する日取りが決まっても何を話したらよいのか?悩みますよね⁉

 

彼氏を父親に紹介する時、何を話す?

 

いよいよ彼氏を紹介する日が来ました。ここが勝負どころ!

紹介の仕方、話の切り出し方によっては今日の結果が違うほど重要な時間。

さて、ここで大切なのが親は何を知りたいかですね。ここで、5つ挙げたいと思います。

  1. 彼氏の人柄
  2. 娘への思い
  3. 彼氏の家庭環境
  4. 結婚に対する考え方
  5. 借金・金銭感覚

ただ、5番目は知りたくてもなかなか聞けないのが本音です。

ですから、ある程度前もって準備をして自然のなかで1~5の事を話せたら

きっと良い印象を与えることができるのではないでしょうか。

でも、いくら話す内容が良くてもちょっとした態度や行動で親に不快感を与えかねません。

彼氏を父親に紹介するときの注意点

 

次は、父親に彼氏を紹介する時の注意点をあげてみました。

彼氏を父親に紹介するときの注意点その1:挨拶は、しっかりと

先ずはなんと言っても第一印象をよくすること。

玄関の前から、既に両親は見てますよ。

玄関を一歩またいだら挨拶です。

挨拶は、社会人としても基本です。

挨拶ができなければコミュニケーション能力のない人と見なされ、

当然うまくいくわけがありません。

 

私の時も、挨拶は特に気をつけてもらいました。

 

彼氏を父親に紹介するときの注意点その2:身だしなみや服装

だらしない恰好または、普段着は問題外です。

結婚に対して軽く見てるとしか思いません。

やはり社会人ですから、清潔感のある服装にしてもらいましょう。私はスーツが良いです。

 

彼氏を父親に紹介するときの注意点その3:敬語を使う

意外にできない人が多いです。

特に親の前ですから、名前の呼び方は注意が必要です。

まだ結婚してないので、お互い呼び捨ては気をつけましょう。

 

彼氏を父親に紹介するときの注意点その4:手ぶらはダメ

お土産は大切です。お土産があるとないとでは、今後の印象が違います。

もちろん父親の大好きなお菓子がベストです。

ここで気を付けたいのは間に合わせで買うのではなく

前もって準備してたと思わせることです。

決して近くのスーパーやお店で購入することはやめましょう。

 

彼氏を父親に紹介するときの注意点その5:食事のマナー

もし、一緒に食事をする事になったら食べ方・飲み方も注意です。

あまりにも常識がないとその人の育ち方、相手の親の印象まで悪くなるかもしれません。

 

彼氏を父親に紹介するときの注意点その6:金銭感覚

親としては、ここは気になります。

娘とあまりにもかけ離れていると、結婚した後の生活が心配です。

彼氏が借金を抱えているのに、貯金があるなどの嘘をついて

結果破局なんて話は少なくはないです。

ここは、正直に話しておいた方がよいでしょう。

 

他には、聞くときの態度、親の前ではいちゃつかないなどがあります。

 

彼氏を父親・お父さんに紹介するタイミングなど:まとめ

 

今回は、彼氏を父親に紹介する時のポイントについていくつか紹介しました。

上記の結果からもプロポーズの前でも後でも

結婚前提にお付き合いするなら、父親に紹介するべきです。

お互い真剣なら色々タイミングはあるとおもいますが、成功するはずです。

また、早めに父親に紹介すれば結婚もスムーズにいくのではないでしょうか。

それぞれいろいろな意見もあるとおもいますが、

これから彼氏をいつ紹介しようと悩んでる方の少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

コメント