【ビートボックス特集】アジアチャンピオンのRofuって何者?

Rofu趣味
スポンサーリンク

こんにちは、Kdです。私は自分が高校生の頃、hikakinさんがビートボックス動画を上げていて、そこから家でヒッツクパンツカ練習し始めた者です。そのころから結構時間がたってしまったのですが、最近youtubeを見ていたら、ビートボックスアジアチャンピオンのRofuという二人組の動画が上がっていたので見てみた所、はまってしまったので、Rofuについて書いてみます。

スポンサーリンク

Rofuって何者?

オトキタというサイトに非常によくまとまっていたので、以下がっつり引用しまっす。

札幌を中心に活動するヒューマンビートボックスタッグチーム。
コメディ要素の強いステージングで観客をロックするFuga(フウガ)と、日本でもトップレベルのスキルと何事にも動じないステージ上の振る舞いが魅力のHIRO(ヒロ)の二人のメンバーで構成され、独特の世界観を自分たちの口のみで表現している。
台湾で行われる公式アジア大会の日本代表として2年連続選出され、2017年度ではTop8,そして2018年には他国のチームを差し置いて”優勝”という成績を収め、日本人初のタッグチーム部門公式アジアチャンピオンとなる。

引用元:https://otokita.jp/artist/detail/?id=1612

最近のRofu

最近の動向については、コロナの影響もあってかyoutubeで動画を投稿しまっくっているようです。

頻度は週2,3ほどで、内容は有名なbeatboxerを取り上げて、リアクション兼解説動画をあげていっています。たまに、リメイクなどをおこなっており、少し前に話題になったヴィ”エ”のリメイクなんて、かなり秀逸なのでお勧めです。

動画に関しては、Fugaが面白おかしくしゃべり、HIROが冷めた感じの態度でバランスが面白く取れています。

また、再生回数を観ても、人気の動画は数百万回再生と、かなり注目されていることがうかがえます。

ほぼyoutuberになっているRofuですが、もちろんアジアチャンピオンとしても非常に魅力のある二人です。アジア大会の動画を是非観てほしいです。技術力だけじゃなく、エンターテインメント性がずば抜けており、会場や審査員の盛り上がり様が桁違いです。この大会に関しては、ふざけMAXなFugaですが、この北海道ビートボックスバトルでのFugaはめっちゃかっこいいので是非観てほしいです。

Rofuの今後

今後に関しての情報は、特に発表されていることがなく、RofuのTwitterを是非フォローして追っかけると良さそうです。

続報あれば追記します。。

コメント