バームクーヘンとバウムクーヘンの違いとは?由来&本場ドイツでは?

バームクーヘンとバウムクーヘンの違いとは?由来&本場ドイツでは?食べ物
スポンサーリンク

お菓子の「バームクーヘン」。いや、「バウムクーヘン」?

しっとりしていて、美味しいですよね。

でも、バームクーヘンとバウムクーヘンの違いについて、考えたことはありますか?

そもそも違いなんてあるのでしょうか?ものは違うものなのでしょうか?お伝えします!

スポンサーリンク

バームクーヘンとバウムクーヘンの違いとは

 

バームクーヘンとバウムクーヘンの違いとは、何でしょうか?

違うものなのでしょうか?

簡単に言うと、国によっての呼び方の違いなのです。

 

バームクーヘンは何語なのかというと、ドイツ語です。

元々バームクーヘンは、ドイツの食べ物なのです。

スペルはbaumkuchenです。ドイツ語での発音だと、バウムクーヘンになります。

なので、本場ではバウムクーヘンと呼ぶのが近い発音になります。

 

日本で購入する時にはバームクーヘンと書いてあることが、おおいですよね。

日本的な呼び方としては、バームクーヘンが多くて一般的です。

どちらを使ったほうがいいのかという悩みが出てきてしまいそうですが、

どちらを使っても間違いではありませんし、十分通じるものだと思います。

バームクーヘンとバウムクーヘンの違いとは?由来&本場ドイツでは?

 

バウムクーヘン、ドイツでは?

 

ドイツでのバウムクーヘンとはどんなものなのでしょうか?

ドイツ語ではbaumkuchenと表記すると先ほどお話しましたが、

意味はbaum=木、kuchen=ケーキという意味があります。

木のケーキという名前の通り、確かに年輪のように層が何枚も重なったケーキですよね。

 

イメージとしましてはドイツの人はいつも

バウムクーヘンを食べているような、代表的な国民食なのかな?と思ってしまいますよね。

ですが、実はドイツでは日常的によく食べられているようなものではなく、

高級なものなのでイベントの時にだけ贈物にされることが多いものなのです。ちょっと意外ですよね。

 

ドイツでのバウムクーヘンについての定義としましては、油脂はバターのみを使用していて

ベーキングパウダーを使っていないもので、

バター・小麦粉・砂糖を1にしたら、卵は2という量だという明確な定めがあります。

そして、この定義を満たしていないものはバウムクーヘンとして売ってはいけない

という規定になっているのです。結構厳しいですよね。

ドイツでの伝統的なバウムーヘンが歴史を重ねる上で

どんどん違うものに変わっていってしまうのを防いでいるのです。

 

そして作り方も、専用のオーブンで焼き上げなければならないので

熟練した選ばれしものにしか作ることはできないのです。

なので、ドイツの人にとってのバウムクーヘンとはドイツを誇る変わる事のない特別なものなのです。

 

それに比べると日本のバームクーヘンとは特に規定があるものではなく、

年輪のような層のあるものはバームクーヘンと呼ばれていますので

人に好まれるような食感や味に日々変化をしています。

なので、食べ応えとしては、ふわふわでしっとりとしているようなイメージですよね。

 

ドイツのバームクーヘンは、ベーキングパウダーも使っていないので

膨らませているようなものではなく、ずっしりと食べ応えのあるような仕上がりになります。

日本のバームクーヘンとは、味わいにも大きく差があります。

 

バウムクーヘン・バームクーヘンの由来

 

バウムクーヘンとバームクーヘンの由来について、ご紹介します。

バウムクーヘンはドイツ語でbaumkuchenというスペルで、意味はbaum=木、kuchen=ケーキというものになりますよね。

バームクーヘンに関しましては、ドイツ語をそのまま日本語で聞いた和製英語のようなものです。

日本でのバームクーヘンの歴史

 

日本でのバームクーヘンの歴史について、考えてみます。

日本では、いつごろ持ち込まれたものなのでしょうか?

日本では第一次世界大戦での敗戦国の捕虜として来日することになった

ドイツ人のお菓子職人である、カール・ユーハイムさんによって持ち込まれました。

あの有名なユーハイムです。みなさん聞いたことはあるのではないでしょうか。

この方が、日本で初めてバームクーヘンを作ってマロングラッセも発売する事にした方なのです。

 

1919年3月4日に広島物産展で開催された

ドイツ作品展示即売会で販売されたのが、バームクーヘンが世に出る最初のお披露目でした。

なので、今でも3月4日はバームクーヘンの日として祝われています。

最初はピラミッドケーキという名前で売り出されていましたが、

1960年代よりバームクーヘンという今の呼び名に変更されました。

 

今でもとっても人気で日本国民に親しまれているユーハイムに

そんな歴史があったとは、私は全然知りませんでした。

ドイツの食文化を日本に伝えて、今なお繁栄しているのだなんてとても素晴らしい事ですよね。

今では日本ではバームクーヘンは縁起物として、

結婚式のお祝い返しや贈物としての定番になっていますよね。

何故縁起物として使われているのかというと、木の年輪のような見た目から夫婦贈物として

歴史を重ねていきたいという願いが込められているのです。

バームクーヘンとバウムクーヘンの違いとは?由来&本場ドイツでは?

人気・おすすめのバームクーヘン

 

人気でオススメのバームクーヘンを、ご紹介します。

やはり知名度が高くて、どこでも購入できるにはユーハイムですよね。

ご近所さんや職場での軽めの挨拶の贈物に、私も使う事が多いです。

 

人気なバームクーヘンだと、ねんりん屋もオススメです。

店舗によっての限定の商品もあって、よく行列が出来ているのを見かけます。

 

次に有名で人気なバームクーヘンが、クラブハリエなのかなと思います。

少し値段が張りますが、箱に入っていて高級感がありますので贈物に最適ですよね。

私は個人的にクラブハリエが大好きで、無性に食べたくなることがあります。

しっとりとしていて、いくら食べても飽きのこない

もっともっと食べたくなってしまうような、素敵なバームクーヘンが大好きです!

考えていたら、また食べたくなってきました。笑

 

変わり種としましては、博多にある二鶴堂で販売している博多バームスティックがオススメです。

細長くて、ラスクのようにサクサクとしているのが特徴ですね。

とても美味しいので、一度は試してみてはどうでしょうか。

まとめ

 

日本人にとって慣れ親しんだバームクーヘンに、このような歴史があるという事を私は全然知りませんでした。

日本へと持ち込んでくれたユーハイムさんに、感謝したいです。

日本のバームクーヘンはお店によって特徴があって全然違うものが多く、ご当地ものもたくさんありますので、

日本とドイツでの歴史を考えながら、色々なお店のバームクーヘンを試してみたいなと感じました。

コメント